Oleo(循環コード)のウォーキングベースライン【スコア・タブ譜つき】


スポンサーリンク

ジャズセッションでもよく演奏される楽曲、「OLEO」。ベースラインの1コーラス分タブ譜を作成しました。

OLEO・ベースライン動画&ベースタブ譜


OLEO 1

OLEO2

こちらからダウンロード出来ます。↓
https://www.dropbox.com/s/ucu6vda4mfo2k1q/rythm%20change%28%E5%BE%AA%E7%92%B0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%29%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3.pdf?dl=0

OLEOのベースラインの特徴

軽快でテンポ速めで演奏することが多いです。そのため、でだしから最後まで4ビートでいけます。上記のタブ譜を覚えてしまえば、1曲まるごと曲として成り立たせることが出来ます。

Aメロはだいたい1小節の中にコードが2つですが、コードの1音目は基本ルート音です。慣れるまでは、ウォーキングも1フレから3フレ以内で、ルートを中心とした奏法を推めています。

 

OLEOと「リズムチェンジ」

OLEOのベースラインは、「リズムチェンジ」、または、「循環」といわれています。

Fのブルースでも、

・Au Privave
・Straight no Chaser
・Now`s the time

など、同じコードなのにメロディが違うように、リズムチェンジも同様の曲があります。

OLEOの他に、

「Anthropology(チャーリー・パーカー)」
「I got rythm(ジョージ・ガーシュイン)」

などが有名で、セッションでよく演奏されます。

リズムチェンジ(循環)とは?

ベースの指盤でみてみます。

1度⇒6度⇒2度⇒5度(ジャズではイチロクニーゴーという事が多い)

oleo1

1625

 

3度⇒6度⇒2度⇒5度(ジャズではサンロクニーゴーという事が多い)

oleo2

3625

これらの進行の事を、リズムチェンジ(循環)と呼びます。以下音源です。

1-6-2-5

3-6-2-5

曲に終止感を感じさせず、延々と続く感を感じさせます。これが、「循環」です。

ジャズでは楽曲の終わりが譜面の尺どおりに終わらず、後テーマが終わっても暫く演奏が続いていることがあります。そんな時に、この奏法が用いられていることがよくあります。

循環コードのベースラインについては、こちらの書籍でも説明がありました。よかったら、参考にされてみてください^^

1週間で完全習得! ウォーキング・ベース超入門 (CD付)

新品価格
¥2,160から
(2015/9/3 17:26時点)

Oleoが収録されているCD

Bag`s Groove/Miles davis

 

バグス・グルーヴ

新品価格
¥1,980から
(2015/7/8 12:59時点)


ハードバップの名盤と言われている作品です。ミルト・ジャクソンのヴィブラフォンプレイが、通常のモダンジャズにマイナスイオンを運んでくるような、心地いい演出をしています。

 

Sonny Rollins/Europian concerts

30466
ライブバージョンです。アートブレイキーの高速レガートが個人的に印象的です。ジャズの歴史に名を残した、スーパープレイヤー達の、疾走感のあるオレオを堪能できます。

 

Michel Petrucciani/NHØP

 

Michel Petrucciani and Niels-Henning Orsted Pedersen – 10th Anniversary (2CD)

新品価格
¥2,517から
(2015/7/8 13:07時点)


ミシェル・ペトルチアニ(P)と、ニールスペデルセン(B)のデュオ作です。このCD収録のOLEOの、ペトルチアニの1音だけでずっと続けるアドリブは緊張感たっぷりです。

 

 
べーす
sukaipu

■□■□■□震災の募金について■□■□■□

震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。

↓Tポイント募金

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

↓楽天クレジットカード募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

スマフォからフェイスブックのアプリを消去しました。

誰かとバトったわけでもなく、中傷されたわけでもなく、ほぼ閲覧者みたいな感じでしたが、以前からちょっと思うことがあったので。

といっても、フェイスブックでしか繋がってないバンドメンバーも居ますので、メッセンジャーアプリだけは残しています。

ヘビーに使っている人、登録だけして全く使わない人、ライブの告知をしている人、政治のこと書いている人、

いろいろな人が居ますし、それについて思うことは心の中と酒の席だけに留めておきますが、何を書いてもいいぶん、SNSを使う上での、自分に対しての絶対的なルールを持つことが大切だと思っています。

⇒筆者の演奏スケジュール・5月5日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。