【1日10分の練習を週6回】or【週1回60分の練習】同じ60分の練習でどっちが上達する?

1日10分の練習を週6回やるのと週1回60分の練習やるのとでは、前者の方が上達します。 ある生徒さんの例 Aさんという高校生のベース生徒さんが居ます。学業をこなしながらバレー部に所属し、塾にも通い、毎日すごい忙しいようです。 都内でも強豪ので、朝6時から8時まで毎日練習(4時起き)、放課後も部活。2か月に一度は何らかの大会がある為、部活の休みは殆ど無いそうです。で、大学に行くために週何回か塾通いをされているようです。 そんな超多忙の生徒さんは、月に2回私のレッスンを受講してくれています。そして、レッスンの度にみちがえるような上達を感じさせます。 上達の要因として、若さとバイタリティはあります。しかし彼女がずば抜けた音楽の才能があるとか、ベースでプロを目指しているとかそういうことはありません。 ただ、彼女は1日10分だけ練習をすると決めているようです。 今度は、1日10分の練習を週6回やる場合と、週1回60分やる場合のタイムスケジュールをみてみます。   1日10分の練習を週6回やる場合と、週1回60分やる場合のタイムスケジュール 例:週1回60分の練習をやる場合   平日 6時半起き 7時半通勤 9時から18時半まで仕事 7時帰宅:夕食、家族との時間 9時から11時:テレビ、入浴、プライベート 12時就寝 日曜日 空いた時間にスタジオに入って1時間練習   1日10分の練習を週6回やる場合 平日 6時半:起き 7時半:通勤 9時から18時半まで:仕事 7時帰宅:夕食、家族との時間 7時50分から8時:練習 9時から11時:テレビ、入浴、プライベート 12時:就寝 日曜日 練習予備日。または遊びに行ったり、自由に過ごす。   同じ週60分なのに、後者の方が上達する可能性が高くなります。 後者の方が、毎日ベースの事を考えたスケジューリングだからです。 つまりベースの上達の事を考えたスケジューリングということです。週6回、「ベースがうまくなりたい」と、カレンダーから強制的に思わされています。 たとえば何かアクシデントや急なイベントが入ったとして、その日の練習が出来なくなってしまったとしても、週6回「ベースがうまくなりたい」と思うことに変わりはありません。そして、週1度日曜日自由日があることで気分をリフレッシュ出来るし、練習出来なかった日があれば、日曜日にカバーすることが出来ます。 しかし前者の場合、「ベースがうまくなりたい」と考える日は一週間の中で1日だけになります。しかも、日曜日に風邪を引いてしまったり、急な予定が入ってしまえば、まる2週間練習が出来ない事もあります。2週間もベースを触らなければ、上達は難しくなります。   練習を歯磨きのように習慣化することが上達への鍵 歯磨きをしないで寝る人は居ません。口の中が気持ち悪いからです。練習も、はみがきのように習慣化してしまうといいです。 どういうふうに習慣化できるかというと、毎日少しづつ練習すれば、勝手に習慣化されるようになります。ベースが好きならですけどね^^ 「今日練習してないから、なんだかむずがゆいなあ。。。」そう思えた時点で、これからもどんどん伸びます。   10分が長いと感じたら… はじめは10分でも、習慣化されていないと長く感じます。 そんなときは、5分からでもいいです。いや、2〜3分からくらいでもいいです。 以下のページに掲載されている練習は、3分くらいです。実際に冒頭で紹介した高校生は、このページに書いてあるクロマチックの練習をはじめの2ヶ月位やってもらって、習慣化してもらいました。 http://basslesson.toruhoshino.com/how-to-practice-walking-bass-with-metronome/ レッスンで、特に初心者のベーシストの方には、技術どうのでなく、習慣化してもらうように促すことが多いです。 習慣化する癖がつくと、毎日自然と時間確保できるようになってきます。 練習がはかどらないときは、いちどにいっぺんにやろうとせず、毎日少しづつやってみることをお勧めしています^^ ※過去記事訂正版です。   メルマガはじめました 「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します! 不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^ 【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜 メールアドレス Powered...
2018年6月18日0 DownloadsDownload