3度を効果的に使ってベースソロを組み立ててみた(酒とバラの日々などで使えるコード進行参照)


スポンサーリンク

3度を効果的に使ってベースソロを組み立ててみました。

今回は「酒とバラの日々」などで使われているコード進行を参照にしました。

演奏動画

詳しい説明をしていきます。

よくやっちゃうベースソロ

ベースソロになったとき、こんなふうにルートを追っかけたシンコペーションみたいになっちゃうことが、はじめの頃は多いです。

1小節目はF△7って書いてあるからFからスタートしたファソラシ♭ドレミファ・・・みたいなスケール。

2小節目はE♭7って書いてあるからE♭からスタートしたミ♭ファソラシ♭ドレミ♭・・・みたいなスケール。

これだと、いいリズムの組み合わせをしない限り、よくいう「歌ってる」って感じになりにくいのです。

そんなとき、「3度」を使います。

3度を使ったベースソロの組み立て方

ステップ1

まず、譜面に3度の音を書きます。コードの右側に赤字で書きました。

3度の音は指板で覚えると楽です。

で、3度はできるだけ高いところにある音を使いたいです。

F△7の3度はAの音ですが、この時3弦開放でなく、1弦2フレの音。3弦開放だと音域が低すぎるからです。

タブ書きました。

とりあえずこの8小節を、3度だけのロングトーンで弾いてみます。

なんとなく、いい感じに聴こえませんか。

ステップ2

ロングトーンだけだとちょっと味気ないので、伸ばしたり、間に休符を入れてみたりしました。

音数は少ないけど、「歌っている感じ」は出たと思います。

ステップ3

 

これまでを踏まえ、A→Bの各コードの3度を繋ぐソロを作ってみました。

以下が冒頭で作ったベースソロです。印象は随分変わったと思います。

この、繋いでいく音は、キーFメジャーのダイアトニックコードを構成するスケール、

F、G、A、B♭、C、D、Eの音を中心に、半音進行や運指のしやすさを考慮して作りました。

キーとダイアトニックについてはこちらをご参照ください。

メジャーダイアトニックコードとウォーキングベース(一覧表あり)

更に!ステップアップするためのソロの組み立て方

ツーファイブフレーズを用いる

BセクションのGm7→C7の進行などは他の曲でもよくでてきます。

なので、お決まりフレーズを持っておくと便利です。

各小節に、以下のようなフレーズを入れてみました。

①に入れたフレーズ

②に入れたフレーズ

お決まりフレーズは教則本や実際のアーティストのコピーなどで仕入れます。

フレーズを入れるワザについては別ページで説明したので、詳しくはそちらを御覧ください。

コピーしたフレーズを自分のソロの中にはめ込む練習(仕込み練習応用編)

テーマのメロディを入れる

テーマのメロディを入れると、ソロの説得力が増します。

後半のAメロ、Cメロで、テーマのメロディを入れました。

最後はウォーキングベース

ソロの最後をウォーキングベースにすると、ソロ終了後に他のプレイヤーが入ってきやすくなります。

なので、最後はウォーキングベースにしました。

以上を踏まえ、後半A→Cのソロを作成しました。

最後に、これまでの全てをまとめた動画です。

タブ譜が欲しいという方は、以下のフォーマットから「質問」の欄に「タブ譜希望」と記述し、メッセージをください。

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今後ですが、ブログの更新を毎週月曜日と木曜日のお昼12時とさせて頂きます。

いつも楽しみにしてくださっている方には申し訳ないですが、ライブ、練習、執筆、、、いろいろと追いつかなくなりました^^;

今後もマイペースにがんばりますので、よろしくお願いいたします。

 

⇒筆者の演奏スケジュール・2月20日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。