Cのブルースのウォーキングベースラインの作り方まとめ


スポンサーリンク

Cのブルースのウォーキングベースラインを作っていきたいと思います。

Cのブルースのベースライン

演奏しました。

どんな経緯でこういうベースラインが出来たか説明していきます。

Cのブルースは、セッションなどでもよく演奏されます。

arrange

コード進行はこんな感じが多いですが(譜面の出版社によって若干異なります。)

まず、ルートから組み立て、コード構成音や3度の音などいろいろな音を混ぜて、少しづつ彩っていきます。

まずはルートから

ルートについての記事を書きましたが、わかるって方は読み飛ばして下さい。
http://basslesson.toruhoshino.com/route/

arrange

上の譜面をルート音だけで弾くと、こんな感じになります。

1小節の中に4分音符の音が4つ入っており、「4ビート」といいます。ロックのブルースとは少し違う感じになりますね。

ロックっぽいウォーキングベースラインをジャズっぽいベースラインにしてみた(Cのブルース)

 

 

しっかりとリズムに乗っていれば、ルートだけでもサマにはなりますが、もの足りなさを感じたら、少しづつ音数を増やしていきます。

 

Cのブルース、ルートと5度を使ったベースライン

5度の音を効率的に使うことで、ベースラインに躍動感が出ます。

cblues

ドドド ファファファファ ドドド ドド
ファファファ ファ#ファ#ファ# ドドド ミミララ
レレレ ソソソ ドドド レレソソ 

って弾いてます。(赤文字が5度)

音源です。

ピアノとドラムを入れてみます。

ルートだけのものと聴き比べてみて下さい。

 

5度を入れた方が、ベースラインが”流れている”感じがしませんか。

で、以下の点に気をつけました。

・1音符目は基本5度にしない
・運指のし易さ
・5度は別に全部の小節で使わなくても良い
・1つの小説に複数コードがある場合はルート弾き

 

1音符目は基本5度にしない

曲や小説の印象を決めてしまう1音目。

例えば1小節目がCのコードなのに、G(ソ)の音で始めてしまうと、曲が間違っているように聞こえてしまうこともあります。1音目は極力ルートで弾きましょう。

 

運指のし易さを意識して

1小節目の5度の音を4番目に配置したのは、運指のし易さを考えてのものです。

be-su

こんな風に流れる感じで運指がしやすい為に、1小節目の5度の音は、4番目に配置しました。

ウォーキングベースラインを作るときは、常に次のコードを意識しながら運指を考えます。

 

5度は別に使わなくても良い

2小節目に5度の音を入れなかったのは、F(ファ)の音の5度がC(ド)だから。

2小節目でCの音を使うと、3小節目以降のCの音が引き立たなくなると思い、あえて2小節目は5度の音を入れませんでした。音を増やすことで、逆にしっくり来ないこともあります。

 

1つの小説に複数コードがある場合はルート弾き

8小節目や12小節目、1小節の中にコードが2つあります。(画像は8小節目です。)

一小節の中でルート⇒5度⇒ルート⇒5度という流れは運指が忙しいと思い、今回は、1つの小説に複数コードがある場合はルート弾きにしました。

今回は、3度を入れていきたいと思います。

Cのブルースルートと5度を使ったベースライン+3度

3度については以下のブログでもよく書きました。
http://basslesson.toruhoshino.com/3%EF%BD%92%EF%BD%84/

かんたんにいえば、

メジャーセブンスコードやセブンスコードの時は、ルートに対して3度(長三度)がここ

マイナー・コードやディミニッシュコード、のときはルートに対し3度(短三度)がここ

です。

3度も5度の時と一緒で、全ての小節に均等にいれていったわけではなく、運指的にやりやすそうなところに入れてみました。

※m3っていうのは、マイナー3度です。

ルートと5度だけで作成したラインと比べると、よりそれぞれの小節ごとのカラーが出た気がしませんか。

ルートと5度だけ

ルートと5度+3度

 

さて次は、ちょっとおしゃれになる経過音を入れていきたいと思います。

Cのブルースルートと5度を使ったベースライン+3度+経過音

経過音度についてはこのFのブルースのブログでもよく書きました。
http://basslesson.toruhoshino.com/fblues-1ompdutu/

かんたんにいえば、4分音符の4ビートの場合、

4音符目が次の小節の一番最初の音に繋ぐ時の半音上か半音下の音を使って経過音とすることが多い

です。

これに基いて、経過音として意識したラインは、赤線の部分です。

※8小節目の第四音目のC#の音は、経過音でもありルートA7に対する3度でもありますね。

経過音も3度や5度の時と一緒で、全ての小節に均等にいれていったわけではなく、運指的にやりやすそうなところに入れてみました。

前回作成したラインと比べると、一層”ジャズっぽい感じ”が出た気がしませんか。

前回の音源ルートと5度+3度

経過音を入れた感じ

 

演奏動画・Cのブルースのベースライン

ここまでをまとめて弾いてみました。

譜面は以下からダウンロード出来ます。
https://www.dropbox.com/s/kbvctiaiqdjlmax/cblues%20.pdf?dl=0

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

8年くらい前の写真が出てきました。

ニューヨークには2012年と2009年に行っているんですけど、2009年のもの。語学学校に通ってて、クラスメイトのタジキスタン人達です。

タジキスタンってどこかよくわかんなかったけど、なんか仲良くしてくれてました。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・6月1日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。