押し弦するときの左手の親指の付け根痛くなってませんか?


スポンサーリンク

押弦するとき、左手の親指の付け根痛くなってませんか?

左手の親指の付け根痛くなってませんか?

ベースはじめたばかりの頃によくありますが、押さえている左手の親指の付け根が痛くなることがあります。

痛くなったら、フォームを見直す必要があるかもしれません。

がっしりとネックを握ると、1ポジションだけは押さえやすいかもしれませんが、がっしりすぎると手が固定されてしまいポジション移動がやりにくいです。

親指に力任せで押さえるというよりは、腕全体の力で押さえるイメージです。

どこでもいいので、適当にフレット上に人差し指を置いて下さい。

このとき、親指で”挟む”ようにして押弦するとどうしても親指の付け根に負荷が掛かります。

もう一度いいますが、腕全体の力を使って押弦するイメージです。

 

腕全体でネックを押さえるって、、、?

一度、親指を使わずにフレットを押さえ、3弦3フレからドレミファソラシドを弾いてみてください。

すっごいやりにくいと思いますが、その時、押さえる時どこに力が入っていますか。

この辺の指の力に頼るのではなく

腕のからの力を借りて押さえる。

これが腕全体でネックを押さえるっていう考え方です。

で、親指を離すとやりにくいから”添える”という感じで置いてあげます。親指を”挟む”でなく”添える”という感じです。

そうすると親指に負荷がかかりにくくなります。

はじめはぎこちなくなっちゃいますし、これはちょっと難しいですが、

親指の付け根が痛くなってしまうと腱鞘炎になります。

私も実は腱鞘炎です。

「痛い」というとどこかおかしい可能性がありますので、フォームや身体の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。

ウォーキングベースと腱鞘炎~ポジショニングを見直そう~

エレキベースのフォームで心掛けていることまとめ(右手、左手、ストラップの長さ、角度など)

スポンサーリンク

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習についてご質問などありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

レッスンで気になる点が多いところだったので、再度書き直しました。

今日は3連チャンライブの2日目。

最近ポール・チェンバースをまた聴き直してます。JAZZはじめたばかりのときに買った「bass on top」は、今聴いても新しい発見がある気がします。

7/28(金)目白EASTBONE
START/20:00 CHARGE/¥投げ銭
W/増田信太郎(g)

7/29(土)十条・梅の木
Start/17:00 CHARGE/¥投げ銭
W/コンノアキコ(P)

7/31(月)笹塚bar竹花(ジャムセッション)
Start/19:30 CHARGE/¥1000(別途飲食代¥2000)
W/河原崎聡(Ts)村山峰之(ds)田中利佳(P)他

 

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・3月12日更新です!

 



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

コメント投稿は締め切りました。