i-Real-Proを使ってマイナスワン音源を作曲してみた


スポンサーリンク

もはやジャズプレイヤー、ウォーキングベースプレイヤーには説明不要のアプリ、i-Real-Proですが、マイナスワンは自分でも作曲することができます。

メロディを入れることは出来ませんが、コードとリズムは好きなものを選べますので、i-Real-Proでの作曲のやり方を覚えておくと、便利です。

i-Real-Proを使ったマイナスワン作曲

 
i-Real-Proに関しての詳しい記事は、こちらを御覧ください。

スマホとセッション出来る?「iReal Pro」を使ってウォーキングベースを弾いてみよう!

「jazz1300」をインストールすれば、以下のように簡単に曲のマイナスワンがでてきます。

0

しかし、無いのもあります。

オリジナル曲の練習をしたいときだってあります。

そんな時、作っちゃいましょう。

今回は、「ベンEキング」の「スタンド・バイ・ミー」を作ってみました。
 

マイナスワン音源の作り方

 
何の曲でもいいので、上のペンマークをタップし、「新曲」をタップ。

1

次の画面で、「空白」をタップ。

2

こんな画面になります。

3

ここにコードを書いていくだけです。曲のコードは自分で調べる必要がありますが、

アルファベットがコード
「-」がマイナー
「△」がメジャー
「%」がリピート記号
左下に小節線があります。

3

 

ささっと、書いてみました。慣れると、1分くらいでできます。

4

「記号」から

4

終止線を書けばできあがり。

5

繰り返しにしたい場合は、リピートマークをはじまりと終わりにつけます。

32

その他、イチカッコやコーダ、セーニョもあり、拍子も変えることができます。

譜面記号について詳しい記事はこちらに書きました。
http://basslesson.toruhoshino.com/sharp-flat-natural/

最後に、iマークを押すと

7

曲のタイトル
作曲者
リズム
調合

をそれぞれ選ぶことができますので、

8

変えてみました。

9

これで完成です。

作ったマイナスワンをバックに弾いてみました。

リズムを変えれば、ジャズだけでなく、ポップ、ロック、ファンク、R&Bなど、様々なジャンルに対応させることができます。

是非、日々の練習に役立ててみてください^^
 

ご質問受付中

 
i-Real-Proでのマイナスワンソングの作り方がわからなかったら、ご質問下さい。

べーす
スカイプレッスンも始めました。レッスン申し込み随時受付中。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今夜は新潟から妹が遊びに来るので、どっか連れてってやるかなと、店を検索中。

因みに、同業者です。親は音楽家ではないのですが、兄妹が音楽家という家庭です。

⇒筆者の演奏スケジュール・1月30日更新です!

infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。