現役ジャズプレイヤーとしてミシェル・ペトルチアーニの「情熱のピアニズム」を見た感想


スポンサーリンク

ミシェル・ペトルチアーニのドキュメント映画、「情熱のピアニズム」をようやく見ることが出来ました。

情熱のピアニズム

 
01711032305ba9ff44a065673a50699f676b6f3211
 
ミシェル・ペトルチアーニ本人の生涯をとりあげたドキュメンタリー映画です。

生前の本人が登場し、音楽観や人生観を話したり、実際の演奏の様子、元恋人からの本人に対しての当時の想いやコメントなどもあります。元恋人は沢山出てきます。ペトルチアーニはモテたと聞きますが、本作を見ているとなんとなくわかります。

情熱のピアニズム 【DVD】(通常版)

新品価格
¥2,800から
(2015/12/6 12:20時点)

 

現役ジャズプレイヤーとして情熱のピアニズムを見た感想

 
「1日10時間から12時間は練習したよ」

という本人の口からのコメントがありました。しかも幼少期からです。

自伝や逸話などで、「あのスーパースターは1日何時間練習していた」という記事は、時折目にします。

布袋寅泰が1日8時間練習していた

ロン・カーターが1日8時間練習していた

マーカス・ミラーが、オスカー・ピーターソンが、、、、

と度々見てきましたが、

やっぱり本人の口からいわれると、「おおっ!」てなります。

とはいえ、自分自身が12時間の練習時間を今後取れるわけではないですし、うらやましがったりとか、あのときもっとやっていればよかったなあとは思いませんが、

キラキラと、ハッピーにさせてくれる独特のペトルチアーニ節も、絶え間ない練習時間あってのものなのだなと、改めて感じました。

以下ドラッカーの言葉です。

成果をあげるべき者の仕事の大奥は、 たとえごくわずかの成果をあげるためだけであっても、まとまった時間を必要とする。

ドラッカーのビジネス理論は、練習に対して置き換えられるものも多いです。

まとまった練習時間の確保の大切さを、改めて感じさせられました。
 

ミシェル・ペトルチアーニお勧めアルバム

 

MUSIC

 

Music

新品価格
¥989から
(2015/12/6 12:12時点)

このアルバムというよりは、1曲めの「Looking up」という曲が私とペトルチアーニとの初対面曲であり、一番お気に入りの曲であります。

とっても爽快感のある曲で、ハッピーにさせてくれるものの、どことなく感じる危険な香りが好きです。

Michel Petrucciani & NHOP (Live)

Michel Petrucciani & NHOP (Live)

新品価格
¥1,200から
(2015/12/6 12:13時点)

今買えるのかわかりませんが、とにかくスタンダードジャズのオンパレードでしかもベースとピアノのデュオです。曲目はAll the Things You Are、I Can’t Get Started、Oleo、All Blues、Beautiful Love、Someday My Prince Will Come、Billie’s Bounce、Autumn Leavesなど。

名手ペデルセンとの掛け合いで一番痺れたのは、「Oleo」でした。

1994年4月18日デンマークコペンハーゲンでのライブ録音です。タイムスリップできるなら、行きたいライブのひとつです。
 

ミシェル・ペトルチアーニのプロフィール

 
以下WIKIより

ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani, 1962年12月28日 – 1999年1月6日)は、フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。

その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、また一部ではキース・ジャレットとも比較される。

ペトルチアーニはフランスのオランジュでイタリア系フランス人の家庭に生まれた。遺伝的原因から、生まれつき骨形成不全症という障害を背負っていた。この障害のため、彼の身長は成長期になっても1メートルほどにしか伸びず、骨はもろく、またしばしば肺疾患に苦しめられた。

同年代の少年が熱中するようなスポーツに加わることはできず、ペトルチアーニの関心はもっぱら音楽に向けられるようになった。ペトルチアーニは特にデューク・エリントンの音楽を好み、ピアニストになりたいと願うようになった。そこでクラシック・ピアノを習い始め、何年も練習を続けたが、その一方でジャズから心が離れることはなかった。

ペトルチアーニは13歳で最初のコンサートを迎え、18歳の時に初めてトリオを組んだ。彼の骨は非常にもろかったので、演奏席までは他人に運んでもらわねばならなかった。またペダルに足が届かないためペダル踏み機を使わねばならなかったが、腕は標準的なサイズであったことで、鍵盤を弾くことができたのである。その天才的な演奏ぶりは広く注目を集めた。

べーす
スカイプレッスンも始めました。レッスン申し込み随時受付中。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日は15時から吉祥寺麻よしやすさんで、エレキベースソロBGMです。

手首が痛くなったので、ここ2日はまったくベースを弾いていないけど、ちょっと早く現場入りして練習して、ホンワカクリスマスソングをお届けしようと思います^^

よかったらお茶でもシバキにいらしてください~^^

⇒筆者の演奏スケジュール・12月5日更新です!

infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。