ベース練習での腱鞘炎経験談と、腱鞘炎になったときにやっていたこと

ベースの練習をしていると腱鞘炎になってしまうことがあります。   腱鞘炎とは?   「腱鞘炎」は文字通り、「腱鞘」が炎症を起こすことを指します。日頃発症しやすい腱鞘炎の多くは、指や手首に負荷のかかるような、手・腕の筋肉の使い過ぎによるものです。ですが、酷使しているという自覚が無く、いつのまにか腱鞘炎と診断を受けるような症状に見舞われることもあります。また、外傷により細菌が入り感染することに起因する腱鞘炎や、糖尿病やリウマチなどの基礎疾患に関連して起こるケースもあります。 http://allabout.co.jp/gm/gc/445084/より引用 ベースと腱鞘炎の原因 腱鞘炎になる原因として、フォームの悪さにオーバーワークが加えられる事が関連しているとこともあるようです。 自分では「力は抜けている」と思っても無理な力が掛ってしまっている事はあるようです。     腱鞘炎になってしまったら 腱鞘炎は、一度発症したら治りにくいといわれています。 筆者も腱鞘炎なのですが、私はすぐにドクターストップが掛った為、生活に支障が出るほどの大事には至らなかったものの、酷い時は箸も持てなくなってしまうほどといいます。実際、知人のドラマーで、腱鞘炎でドラムのスティックが持てなくなった人を知っています。 腱鞘炎になってしまったら、仕方ありません。 また、殆どのプレイヤーは、自分が腱鞘炎になるとは思っていないので、予防などすることなく、腱鞘炎になってから悩みます。       身近なもので、腱鞘炎予防 腱鞘炎「腱鞘」が動かないように、手首を固定していました。 100均も売っている指先が空いている手袋が結構使えます。あとは、サイクルグローブ(写真)が結構良かったです。メルカリで600円くらいで買えました。 手首に保温効果があるとともに内部の筋肉が固定され、しかも指先はフリーなので、家に居る時は手を洗うとき以外いつでも装着していられます。 フォームを見直そう フォームが悪い可能性があります。 「この姿勢が100パーセント正解です。」というのはないですが、姿勢やストラップの位置、押弦のときの力の掛け方など、何かが負担になっている可能性があります。 フォームの見直しは、全身鏡などを使って常に自分の手元を見るだけでも効果があることもありますが、上級者やレッスンの先生などに見て貰い、直接意見を言ってもらう事が早いです。以下も参照になさってみてください。   エレキベースでウォーキングベースを弾くときの、フォームや心掛けていることをまとめてみました。フォームには個人差がありますので、「こうしなさい!」というものではありませんが、何かご参考になれば幸いです。 ベースの位置ベースの位置はかなり高めです...エレキベースのフォームで心掛けていることまとめ(右手、左手、ストラップの長さ......
2018年3月12日0 DownloadsDownload