今日の練習は気持ちの安定から。毎日ベースの練習をするために心がけていること

今日は午後12時半頃から2時間ほど練習する予定です。 「今日はどんな練習ができるか」は、毎回練習の度に考え、自分に問いかけています。 で、一番心掛けていることは、気持ちの安定です。 気持ちの安定がいい練習に繋がる 不安とかしがらみとか、何か引っかかることとか、そういうのがあると全然集中できません。 とくに、基礎練は、 ずっと左手を動かしているだけの練習 ずっと開放だけをピッキングしている練習 ずっとボウイングだけを繰り返している練習 正確なピッチが合うまでなんどもそのポジションを押さえたり、手を離したりする練習 3連の3拍目に合わせてウォーキングする練習 など、いろいろあります。 こういうのって、「身になっている」って思って続けているから、一見つまんないけど楽しくなってくるけど、逆にメンタルが安定していないと逆効果です。 ってか出来ません。 10分間メトロに合わせて、ひたすら4分音符で開放弦をボウイングとか、雑念があると苦痛です。 ですから、やらないほうがマシです。 けど、練習はしなくちゃいけないですね。 その為に、常に安定した気持ちでいられるように心掛けています。 常に安定した気持ちでいられるように心掛けていること ・ちゃんと寝る 睡眠不足は集中力を阻害します。 ・二日酔いは避ける たまにするけど、、、 ・ストレスをためないようにする やりたくないことはやらない、苦手な人とは接触しないとか、心掛けています。 ・思い切って休んで、遊び行く リフレッシュですね。 毎日練習するためには、日々の気持ちのあり方を考えることも大切だと考えます。 http://basslesson.toruhoshino.com/nemuitukareta/ 練習しなきゃいけないけど、全然はかどらないとき 練習しなきゃいけないけど、全然はかどらないときもあります。 そういう時は、基礎練は諦めて曲の練習とか反復練習とか繰り返してます。 朝から夕方までびっしりレッスンだった時とか、もう脳が疲れているから基礎練には集中できません。 だから、「作業」っぽい反復練習増やします。 あと、書店にいって新しい教則本を買ったりするのもお勧めです。 シマンドルや檜山ノートは終わりがなくて大変ですよね。「死ぬまでに出来るのかなあ」とか思っちゃいますが、 この「30エチューズ」の本は、ローフレットでも出来るコントラバス練習曲が掲載されていて、楽しかったです。 シマンドル:...
2016年12月15日0 DownloadsDownload