ベースの練習でつまづいたら、レッスンを受けてみよう

一生懸命練習を続けていれば、行き詰ってしまうこともあります。行き詰ってしまったときの解消に手っ取り早いのが、レッスンを受けることです。 なぜベースの練習でつまづいてしまうのか つまづいてしまう理由として、 「上手になりたいけど、どんな風に練習していいかわからない」 「理想の音が作れない」 「バンドのメンバーにいつも怒られる」 「ググっても、答えが書いていない」 など、さまざまです。また 「このままベースを続けていてもいいのだろうか」 という、大きな行き詰まりと出会う事もあります。   ベースのレッスンに来る方 ベースのレッスンに来る方には、いろいろな方が居ます。 ビリーシーンのようなスリーフィンガーを弾きたい! フリーのようなスラップを弾きたい! ジャコパストリアスのような超人になりたい! といった具体的な要望を持っている方も なんだかよくわからないけど、とりあえずおもしろそうだから ベースって、ボンボンした音が良いから 形がかっこいいから 家にあったから など、思いつきで来る方もたくさんいらっしゃいますす。 その為、鬼の形相でメトロノームと向き合うような練習よりは、話し合いの場を持ち、コミュニケーションを大切にしています。   ベース講師は、ベース相談屋さん? ベース講師は、ベース相談屋さんと思っています。 そして、ベーシストとして仕事をするまでに、様々な経験を積んでいます。 ライブや練習だけでなく、 ・リハから本番までの待ち時間の過ごし方 ・ライブ前日に飲酒していい量 ・ライブ前のご飯の食べ方 ・二日酔いでライブをした経験 ・すぐ金を借りに来る先輩ミュージシャンへの対応 ・対バンの物販席に座っている女の子との接し方 ・同じボーカルのメンバー間で恋愛になっちゃったときの対応 ・ファンとメンバーが出来ちゃった時の対応 ・音楽なんかもういいやーってなっちゃったとき、どうするか の話とか好きです。完全な解答は出せないですが笑 など、大体経験しています。そして、機材やアンプの話をするくらい、そういう話も基本好きです。 良いプレイヤーには、ベストアドバイザーあり。 そう思います。 今では大体どこの音楽教室も、初回体験レッスンが無料です。体験レッスンだけ受けて、今の心境を話してみても、それだけで悩みは和らぐかもしれません。 音楽の上達は、メンタルが左右するとってもシビアなものです。 もしも、上達できなくて、メンバーの事で、自分の将来の事で悩んでいたら、まずは、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。   全国対応でスカイプレッスンも行っています。 ■□■□■□震災の募金について■□■□■□ 震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。 ↓Tポイント募金 http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/ ↓楽天クレジットカード募金 http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/ ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 【編集後記】 自分より何倍もキャリアのある方から、今の私の弱いところと今後の練習方法についてアドバイスをいただきました。 練習をはじめたら、理想を求めるために費やす時間は果てしないけど、今日から新しい練習法を試します! ⇒筆者の演奏スケジュール・5月23日更新です! infomation ベース...
2016年6月4日0 DownloadsDownload