即興でウォーキングベースラインを弾けるようになれるトレーニング①まずはルート!


スポンサーリンク

即興でウォーキングベースラインを弾けるようになれるトレーニングのやり方について、何編かに渡って解説していこうかと思います。

今回は、ジャズ・スタンダードでも有名な楽曲、「枯葉」でやりたいと思います。

即興でウォーキングベースラインを弾けるようになりたい

予め作られた譜面を用意するのではなく、即興でウォーキングベースラインを弾けるようになりたいですが、すぐには出来ないです。

以下、i-Real-Proから用いた「枯葉」の楽譜です。

i-Real-Proを使うと、曲のバッキングが再生されます。↓こんな感じで。

まずは、この再生に合わせ、ルートでベースラインを弾けることが大切です。

※i-Real-Proについての記事
http://basslesson.toruhoshino.com/i-real-pro/

ルートでベースラインを弾く

ルートについては以下の記事で説明しましたが、ルートでベースラインを弾ける人は読み飛ばしてください。
http://basslesson.toruhoshino.com/route/

コードはあたまからCm7、次はF7、B♭7、E♭△7と進行していきます。

以下の音源のように、まずはゆっくりのテンポで小節のアタマでルートを合わせてみましょう。

で、それが出来たら4分音符を4音づつはめていきましょう。

4音づつはめて、100くらいのテンポで全体とおして弾けたら次へ進みましょう。

ポジションはどこにする?

ルートを弾く時、ポジションはどこにするか悩むことがあります。

Cm7のルートCだったら、3弦3フレ、

F7のルートFだったら1弦1フレとかがいいと思いますが、

たとえば5小節目、Aφとか6小節目D7とかは、それぞれ3弦開放か4弦5フレ(Aルート)または2弦開放か3弦5フレ(Dルート)が使えます。

どちらを弾くのでもいいと思いますが、ウォーキングベースをプレイする場合、1音符1音符違う音を弾くことが多いです。

なので、左手は常に忙しいです。

AやDを5フレを使うってなると、常に1フレから5フレ以上までいったり来たりする可能性がありますので、より忙しくなります。

ですから、開放弦を使うことを勧めています。

ロック上がりの方は(私もそうでしたが)Aを開放で弾くとか慣れないかもしれませんが、効率的なフィンガリングが出来るよう、開放も試してみてください。

別ページで関連記事を書きました。

できるだけ、3フレット以内でウォーキングベースラインを作ってみよう

次回に続きます。

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

久しぶりに新宿ロフトにいきました。ロックの聖地!

当時一緒にシノギを削った仲間が、今もパンクやってました。

いろんなことを思い出しながら、ステージを見つめてました。

写真はアキラ、とやくん。

当時のツレでこのブログ見てくれている人とか居るのかなあ。居たらメールでもしてくださいな。笑 たぶん僕は当時からなーんも変わってません(**

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・4月30日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。