1→3→2→4のクロマチック練習(ベース・指のストレッチ)


スポンサーリンク

こちらの記事で紹介したクロマチックスケールが出来たら、こんな練習にも挑戦してみてください。

http://basslesson.toruhoshino.com/how-to-practice-walking-bass-with-metronome/

1→3→2→4のクロマチック練習

練習対象者:ベース自体の初心者、以下ページののクロマチックスケールが弾けた方
http://basslesson.toruhoshino.com/how-to-practice-walking-bass-with-metronome/

目的:練習や演奏前の指のストレッチ、リズム感を整える

1→3→2→4のクロマチック練習のやり方

ワンフレットワンフィンガー(1弦は人差し指、2弦は中指、3弦は薬指、4弦は小指)で

4弦1フレットから以下のように1フレット→3フレット→2フレット→4フレットという順番で移動します。

で、次は3弦1フレットから1フレ→3フレ→2フレ→4フレという順番で移動します。

次は2弦1フレットから1フレ→3フレ→2フレ→4フレという順番で移動します。

次は1弦1フレットから1フレ→3フレ→2フレ→4フレという順番で移動します。

で、この一連の動作を巻き戻すように、今度は1弦4フレから

4フレ→2フレ→3フレ→1フレという順番で、1弦から4弦までおりてきます。

で、4弦1フレットまで戻ったら4弦2フレットから同じ動作を開始し、戻る。

その次は4弦3フレットから同じ動作を開始し、戻る。この手順です。

指も準備体操が必要

プールに入る前にプールサイドで準備体操するように、ベースを弾く前も準備体操が必要と考えています。

とくにライブやスタジオ、個人練習でも長時間弾く場合はけっこう負担が掛かります。

一昨日の記事でも書きましたが負担が重なれば腱鞘炎になってしまうこともあります。(私はもうなってます)

単調な練習ですが、ストレッチ以外にも、しっかり音を伸ばして粒を揃えようとする意識を持つことで、気持ちの安定も図れます。

準備運動として、よかったら試してみてください。

スポンサーリンク

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

編集後記

たこ焼きをしました。

水350ccに対し小麦粉70グラム、卵1個、白だし適量にしょうが適量がタネにはいいかなって思っています。

チーズを入れたらふっくらおいしく出来ました。(写真撮る前に食べちゃいました)

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・4月1日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。