「酒とバラの日々(The days of wine anod roses)」をジャムセッションで弾いてみた


スポンサーリンク

「酒とバラの日々(The days of wine anod roses)」をジャムセッションでよくやるような流れで、ギタートリオで演奏しました。

酒とバラの日々、ギタートリオでの演奏

 

プレイヤーは、宇田大志講師(ギター)と山本悠講師(ドラム)。ふたりとも長年お世話になっている、よき音楽仲間です。

次のような曲構成です。

00:00~ ギターのイントロ

00:20~ ギターテーマ

01:16~ ギターソロ

03:14~ ベースソロ

05:10~ 4バース

06:06~ ギターテーマ

 

00:00~ ギターのイントロ

 
ギターのイントロです。
 

00:20~ ギターテーマ

 
主となるメロディはギターが弾いています。ベースのバッキングは、音数がそこまで多くない、2ビートのノリです。
 

01:16~ ギターソロ

 
ギターがそのままアドリブをはじめます。この時は合計2コーラス、ギターがソロをやっていますが、ベースのバッキングが、はじめの1コーラスは2ビートのまま、02:16よりギターソロ2コーラス目は4ビートで弾いています。

「酒とバラの日々(The days of wine and roses)」ウォーキングベースライン【スコア・タブ譜・解説付き】

これに合わせ、ドラムのレガートも変わってきました。
 

03:14~ ベースソロ

 
ベースソロは、合計2コーラスです。

はじめは低音弦で音数も少なめ。2コーラス目は音数を増やし、ハイフレで引く機会が増えています。

かっこいいベースソロ!と言われるために心掛けている5つのこと

じわじわとダイナミックにしていくストーリーを意識しました。

05:10~ 4バース

ベース・ソロ後、はじめの4小説をギターが、次の4小説をドラムが、と、掛け合いを行う奏法。

セッションでは、ベースソロの後のテーマに戻る前に、こういった掛け合いをよくやります。

2016-04-17_120004
 

06:06~ ギターテーマ

 
テーマに戻ってきました。06:58~Cメロの5小節目と6小説目を2回繰り返して終わっています。

2

この終わり方も、「酒とバラの日々」ではよくやる終わり方です。

スポンサーリンク

メンバーの数や編成によって、プレイスタイルは変わってきますが、ジャムセッションでギタートリオで「じゃあ酒バラやりましょう!」ってなったときの、一番スタンダードな演奏スタイルだと思います。

よかったら参考にしてみてください。

べーす
sukaipu
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

綾戸智絵さんの「YOUR SONGS」というアルバムを聴いています。

ヴォーカルものはあんまり聴かないですが、綾戸智絵さんの音楽ってたまに聴くと、エナジードリンク飲んだ時みたいにしゃきっとするんです。

お勧めは、ベースとヴォーカルのデュオから始まる「マック・ザ・ナイフ」。パワフルでセクシーで、掛け合いもとっても楽しいです。

Your Songs

新品価格
¥1,330から
(2016/4/17 12:22時点)

⇒筆者の演奏スケジュール・4月1日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。