リズムを口で唄ってから練習に取り掛かるようにしています


スポンサーリンク

練習の時も耳コピの時も、はじめて取り掛かる練習はリズムを口で唄うようにしています。

練習を唄う

基礎練を唄う

たとえば、こんな練習。

ドレミファソラシドを、メトロノームを2拍目と4拍目、つまりウラにおいて拍を取る練習ですが、慣れないとすぐにひっくり返っちゃったりします。

その為、まずは楽器を持たず、メトロノーム合わせてひたすら唄います。

ある程度の時間唄えるようになったところで、はじめて楽器を持って練習します。

フレーズのリズムを唄う

たとえば、こんなフレーズを仕込む練習。

譜読み自体大変ですが、まずは、リズムを口で唄えるように、追います。

こんな風にリズムを口で唄えるようになってから、1音符づつ追っていくと、ただ1音符づつ弾くよりも効率的に覚えることができると思っています。

耳コピも唄う

ウォーキングベースラインを耳コピするときなんかもやっぱり、弾く前になんとなく唄ってみてから弾くことが多いです。

そうした方が、イメージが掴みやすいからです。

口で唄えると、脳で理解しているってことです。

やみくもに譜面を追うより、脳で理解してから練習に取り掛かった方が効率がいいです。

楽器を持つ前に、ワンクッション置いてみるのもいいかもしれないですね。

リズム譜も唄えない…という方には

リズム譜も唄えないという方もいらっしゃると思います。

ベース・マガジン 一生使えるベース基礎トレ本 ベーシストのためのハノン(CD2枚付き)

スポンサーリンク

新品価格
¥2,160から
(2017/1/19 15:26時点)

こちらの書籍のリズム譜読みのやり方は参考になりますし、レッスンでもよく使っています。初心者の方のリズムトレーニングからお勧めです。

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日は銀座月のはなれ。週末は新潟でライブです。

新潟の実家に泊まって朝帰ろうと思ってたけど、悪天候ぽいからトンボ返りになりそうですね。

そういや昨年道中にスリップしてあわや大惨事だったんだよな。

今年は無事にやれますように。

1/19(木)銀座月のはなれ
 Start/20:00 CHARGE/¥投げ銭
W/佐分理恵(P)

1/21(土)新潟県新潟市本町通り八
 START/18:40 詳細→新潟jazzストリート
 W/田中利佳(p),大石憲明(ds)

⇒筆者の演奏スケジュール・12月31日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。