ウォーキングベースに合うベースってどんなベース?


スポンサーリンク

ラウド・ミクスチャー系=スティングレイ、アトリエZ、モジュラス

ロック・パンク系=プレべ、リッケン

ハードロック、メタル系=EB、サンダーバード、ムーン

といったイメージを個人的に持ちます。

では、ウォーキングベースに適したベースとは?独自の観点からご説明します。

 

ピックアップに指乗せが出来るベースを選びたい

 
xzz

以前ヴィンテージ物のリッケンバッカ―4001を使っていましたが、指の乗せにくさが気になりました。出来るだけピックアップに指乗せがしやすいタイプを選びたいものです。

 

王道はやっぱりフェンダー・ジャズベース

 
img4b9f619czik1zj

カップラーメンで例えるなら、日清カップヌードル普通サイズってところでしょう。

ベースの一番基本的なモデルです。癖がなく、エフェクターノリもよく、ジャンルを選びません。誰でも1本は持っておきたいベースです。

トーン・ミッド・トレブルは全て中間、アンプのつまみは全て12時の位置にし、ボリュームをバンドサウンドに応じて弄るだけで、ある程度無難な音は出ます。

Fender Japan JB62 ジャズベース (3TS)

新品価格
¥63,336から
(2015/3/20 14:49時点)

 

パワフル過ぎるサウンドのベースは気をつけたい

 
アトリエZやムーン、サドウスキーなどのベースは、形的にはフェンダー系ですが、パワーやトレブルが凄いです。

ロックなテイストにシャッフルビートを入れて、爆音でライブハウスでプレイするようなバンドであればこれらのメーカーはお勧めですが、アコースティック系、ジャズ系で行こうとすれば、ちょっとパワーがあり過ぎです。(型番によりますが)

また、スティングレイやG&Lなど、バルトリーニ系のハムバッカーが搭載されているようなベースもどちらかといえばスラップ系で、あまり合わない気がします。

スポンサーリンク

 

まずは、自分のベースで音を作ってみよう!

 
上記の説明を鵜呑みにしてそのままフェンダージャズベースを購入しないで下さい。

楽器は高価です。

まず自分のベースをお持ちの方は、理想のウォーキングベースの音を作れるように、アンプやベース本体のつまみを弄って試行錯誤してみましょう。

10996970_880741548633769_7079443740296197586_n

私の使っているエレキベースは、写真のフェンダーUSAのプレジジョンベース、アメリカンデラックスタイプというものです。10年以上前に新品で購入したもので、パンクロック時代からずっと使っています。

かなりパワフルです。

トレブルが強く、ブリブリです。

しかし、ピックアップを変えることなく、ローを若干上げ、ハイを多少削る事でジャズの現場でも問題無く使っています。「それ、うるさい」と言われたことも無いです。

 

ウッドベースやエレクトリックアップライトにも挑戦してみよう

 
モダンジャズ系のウォーキングベースを演奏したいのであれば、ウッドベースもお勧めです。

エレキベースには無い、アコースティックな粒立ちは温かみがあり、グランドピアノやドラムのブラシ、エレアコギター、サックスやトランペットとの相性もいいです。

↑私がウッドベースの演奏をしている動画です。

べーす

infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba
⇒WORLD TRIBEMUSIC OFFICIAL SITE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。