ベースブログほぼ毎日更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんウォーキングベース作成講座!

音使いについて

音のダイナミクスを取り入れたウォーキングベースライン

更新日:

スポンサーリンク

 

ちょっと高度なアプローチですが、今回は、音のダイナミクスを取り入れたベースラインをご紹介します。

音のダイナミクスを取り入れたベースライン

ダウンロードできます。

https://www.dropbox.com/s/c37rpkc5owxdkvs/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9.pdf?dl=0

1コーラスの中で、4弦1フレのFから

1弦10フレのFの音まで使ってます。

全体を通して聴いて頂くとわかると思いますが、

このコーラスの中で

一番低い音は1小節目の第一音目のF

一番高い音は10小節目の第一音目のF

2オクターブの差があります。

全体的に高低差がありますが、終盤11小節目の2−5−1の「1」(F7コードのルートのFの音)に着地したときに一番高い音に着地することで「クライマックス感」を出したかったという狙いです。

 

ハイフレと開放弦を使いながらダイナミクス

ダイナミクスを出す際、わりと上の方のフレットも使います。

その時、移動(シフティング)が多くなるので、開放弦を効果的に使うようにしています。

3−4小節目

3小節目で、2弦3フレからいっきに1弦8小節目まで飛んでます。

距離が長いのでここで開放でワンクッション挟みました。

9−11小節目

11小節目で、1弦10フレからいっきに2弦3小節目まで飛んでます。

低いダイナミクスのときも同様、開放でワンクッションおきました。

ベースラインの作成のヒントになれば幸いです。

べーす
sukaipu

メルマガはじめました

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

家でとれたバジルを刻んでオリーブオイルに浸して、ビールを飲みながらバジリコソースを作ってます。

BGMは名盤の「サキソフォン・コロッサス」です。「You don`t know what love is」のワトキンスのベースラインのかっこよさに死ねます。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

マイナスワンにもなるウォーキングベース練習お勧めアプリ!

1,300曲のジャズスタンダードの伴奏上で練習できます。キー、テンポチェンジも自由自在です!


→詳しくはこちら

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

-音使いについて

Copyright© 超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.