ブルースのコードって、なんでほとんどセブンスコードなんですか?


スポンサーリンク

ご質問頂いたので、お答えします。

ご質問内容

 

Bag’s Groove(Fブルース) の最初のF7 って、FMaj7 ではなくてF7 、つまり Fのダイアトニックコードにはいりませんよんね❓。 どうもF7 と書いてあった際にMaj7 なのか セブンス なのか混乱してしまうことが多いですね! 見分け方って、何かありますか❓❓

と、ご質問頂きました。少し文変えましたが。

要は、こういうことです。Fのブルースの場合、

・Bag’s Groove

BAGS - コピー

・ストレート・ノー・チェイサー

ST NO

・オープリバーブ

AUP - コピー

など、キーがFだったらはじめのコードが「F△7」と書いてあって欲しいところ、「F7」と書いてあるので、混乱してしまうということですよね。

以下、私なりの解釈のしかたです。

 

Fのキーとダイアトニックコード

 
「楽曲を分析しよう」のページで、分析を行うにあたり、まず調合を見分けてキーを探し、ダイアトニックコードとノンダイアトニックコードを見分ける作業をすることが望ましいと書きました。

ジャズの曲をアナライズ(分析)してみよう!キーとダイアトニックコードの見分け方

メジャー、ダイアトニックスケール上に出来るダイアトニックコードは

Ⅰ△7 Ⅱm7 Ⅲm7 Ⅳ△7 ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7♭5 

すなわち、キーがFであれば

F△7 Gm7 Am7 B♭△7 C7 Dm7 Em7♭5 

です。

ブルースでも、

KO1

こうじゃなくて

KO2

こう書いてあったら、「あ、Fのキーなんだなあ」ってわかりやすいかもしれないですね。
 

ダイアトニックコードの、「ⅴ7」以外に「セブン」がついている場合の解釈

 
キーFの場合、

F△7 Gm7 Am7 B♭△7 C7 Dm7 Em7♭5

のⅴ7、すなわちC7というコードがあれば、チャーチモードの理論から、ミクソリディアンスケールだなと理解出来ます。

C7 - コピー

この運指です。

しかし、「ⅴ7」以外に「セブン」がついている場合、使えるスケールは、楽曲や前後のコードの流れによって変わります。

ここで大まかな説明は省きますが、

よくいう

「ここはオルタードスケールが使える、ホールトーン・スケールが使える、なんとかファイブダウンスケールが使える」

っていう状況は

「ⅴ7」以外に「セブン」がついている場合に問われる事が多いです。
 

Fセブンとブルース・スケール

 
ではここでFブルースの話に戻りましょう。

Fブルースにおけるコード、「F7」に対して、私は「ブルーススケール」のコードを使っています。

ブルーススケールは、、メジャーダイアトニックスケールに♭3、♭5、♭7を加えたもの。

つまり

F G A♭ A B♭B C D E♭E

の10音が、Fブルースで、「F7」と書いてあるときに使えるものという解釈をしています。

通常のメジャースケール上に出来るスケール

F G A B♭ C D E

だと、いまいち”ブルージイ”さに掛けるということで

♭3、♭5、♭7を加える事で、

こんな感じとか

こんな感じとか、

”ブルージイっぽさ”を強調できるのです。

以上が、ブルースの最初のコードが、メジャーセブンでなく「セブンス」になっている理由と私の解釈です。

以下、Gのブルースではありますが具体的にブルース・スケールを使ってラインやソロを組み立ててみました。良かったらこちらもご参照ください。

ベースのブルーススケールとは?(Gのブルース編)

べーす
sukaipu
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

有名スポーツ選手がキャバクラで豪遊したところを週刊誌に撮られたことに対して、コメンテーターが朝から難しそうな顔をしながら議論をしているのを見ると、

ああ世の中今日も平和なんだなあって思います^^

雨なので、2日間ランニングはお休み。身体を動かすことに慣れると、動かさないと、重いです。

⇒筆者の演奏スケジュール・4月1日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。