音楽的コラム

ブルースのコードって、なんでほとんどセブンスコードなんですか?

更新日:

スポンサーリンク

ご質問をいただきました。

生徒さん
Fブルースって、キーがFですよね。で、コードってF7からはじまることが多いですよね?

メジャーダイアトニックコードの理論で考えるとキーFのダイアトニックコードは

F△7 Gm7 Am7 B♭△7 C7 Dm7 Em7♭5

だから、最初のコードってF7じゃなくてF△7なんじゃないですか?

ってご質問です。

つまり、こうではなく↓

こっちのほうが正しいんじゃないの?↓

 

 

っていう疑問です。

お答えしたいと思います。

F△7とF7は全く別物です

この時の考え方ですが、F△7とF7はまったく別物です。

C△とCmって違いますよね?それと同じくらい別物です。

1小節目のF7は、F△7の形がなんらかの形でF7に変化したとかそういうものでなく、

ダイアトニックコードではないコード、ノンダイアトニックコードと考えてください。

6小節目のBdim7とか、8小節目のD7とかもノンダイアトニックコードです。それらと同じです。

ベース単体で考えると少しわかりにくいかも知れないので、ピアノの和音と響きを聴いてみてください。

例1

例2

 

なんとなく違い感じるでしょうか。

”ブルージーな響き”に注目

F△7 をコードトーン4和音で考えると、 F A C E

F7 をコードトーン4和音で考えると、 F A C E♭

例2の響きの方がいわゆる「ブルージー」になるから、ここはあえて7度をメジャーにしない、マイナーセブンスコードにしている

と考えます。

星野
そしてこの響きに、アドリブを弾いた際のブルーノート(♭3度や♭5度)の響きが溶け合い易いのです。
ブルースがマイナーペンタ1発でなんとなくアドリブが”ぽく聴こえる”理由も、マイナーセブンを用いているからっていうところが大きく関連しています。

ということで、

調合上、♭(フラット)ひとつならあくまでFのキーで、譜面上F△7のコードが書いてあれば自然に見えるかも知れないですが、ブルースでは響きを重要視し、ダイアトニックコードとは全く別物のコードを載せている

という結論になります。

ご参考になれば幸いです。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

2週間前に植えたパクチーの芽が出てきました^^

パクチー栽培は昨年失敗したので今年はうまくいくといーなー。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

-音楽的コラム

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.