3度5度7度は指板で覚えちゃおう!


スポンサーリンク

ウォーキングベース構成音で、3度、5度、7度はよく使われます。

理論とか「何度」とかよくわからない…って方は、指板で覚えましょう。

2

ソロでも頻繁に使われる3度と5度

ルートがC(ド)の場合、3度は(E)ミ、5度は(ソ)です。

ではF#の3度と5度は?

D#の5度と7度は?

ちょっとむずかしいですね。

そんな時、頭の中で指板を連想できるといいです。

ルートと3度、5度の位置関係

3度は、ルートの左隣のフレットの、ひとつ上の弦
5度は、ルートの右隣のフレットの、ひとつ上の弦

つまり↓↓↓こういうことです。

以下の図を覚えてしまいましょう。

A

2

3

 

ベースの指盤1フレットから上の方のフレットまで、全てのポジションが、この位置関係です。

⇒「ルート」ってなんだかよくわからない…って方はこちら!

 

応用編・ルートが1弦の場合

ルートが1弦の場合は、上の弦がありません。1オクターブ下の4弦で同じルート音を探します。1弦のルート音の場合、3フレットプラスした4弦が1オクターブ下のルート音になります。

…といってもわかり辛いので、図を見て下さい。

1弦でA♭の音があった場合

A♭

 

3フレットプラスした4弦が1オクターブ下が同じ音

 

A♭2

1弦でBの音があった場合も同様です。

B

4弦に落としてみると、3度、5度もわかりやすい

B35

 

7度とルートの位置関係

もうひとつだけ覚えましょう。7度です。

7度は2種類あります。

 

メジャーセブンスの場合

C△7、D△7など、サンカクの隣に7がついているのが、メジャーセブンスです。メジャーセブンスの7度の位置は、ルートの左隣です。

C

C△7だと、Bがメジャーセブンスです。

B2

3弦2フレットが(B)がメジャーセブンスの音だった場合、オクターブの関係から、1弦4フレットも、メジャーセブンスの7度です。

 

セブンス、マイナーセブンスの場合

C7、Cm7、D7、Dm7などの、7度はルートの2つ左隣です。

SEBUNNSU

 

こんなふうに、理論が苦手な方は、度数の位置関係を指板で覚えてしまいましょう。

⇒3度5度7度を使ったウォーキングベースの作成方法はこちら

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

急にお酒が弱くなりました。

2杯くらい生中を飲むと、頭が重くなってくる感じです。

18際から35歳までザルのように飲み続けたので、「もーええかげんにせーよ」ってところでしょうか。

おかげ身体は毎日軽いです笑

【直近の演奏予定】

12/1(金)町田INTO THE BLUE(ジャムセッション) Start/19:00 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)

12/2(土)吉祥寺麻よしやす START/15:00 CHARGE/¥投げ銭
星野徹ウッドベース・ソロBGM

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・11月10日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。