Fブルースのウォーキングベースライン(JAZZ) 音使いについて

ベースラインに経過音を入れてみた(経過音概要と使い方解説)

更新日:

スポンサーリンク

ベースラインに「経過音」というものを入れてみました。

経過音は、音の流れをスムーズにする効果があり、ブルースやジャズ系の音楽音楽でよく使われます。

ベースラインに経過音を入れてみた

以下のようなFのブルース進行に経過音を入れました。

聴き比べてみて下さい。

・経過音を使っていないベースライン

経過音を使ったベースライン

いかがでしょうか。経過音を使ったラインの方が、流れがスムーズな印象です。

経過音を使っている場所

経過音を使っている場所は、以下の赤線の場所です。経

経過音の定義は「こうでなければならない」というルールはありませんが、次のコードの第一音目(ルート)に対しての、半音もしくは全音上か半音もしくは全音下の音を使うことが多いです。

たとえば、

次のコードの第一音目がB♭だったら、その半音上(B)からの経過音を使ってます。(1-2小節目)

5小節目はCの音(Bに対して半音上からのアプローチ)が使われています。(5-6小節目)

こちらは半音下(B)からCへのアプローチです。(9-10小節目)

音名で覚えるとちょっとたいへんですが、要は以下の図のように捉えると覚えやすいです。

経過音を使って「枯葉」ウォーキングベース

経過音を使って「枯葉」などで使えるウォーキングベースラインを弾いてみました。ご参考頂ければ幸いです。

経過音を使いこなすのはそこまで難しくなく、レッスンを受けてから使いこなせるようになった人も多い印象です。

スポンサーリンク

べーす
sukaipu

メルマガはじめました

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^



【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

カマキリがいましたよ〜。わかりますか?

ベランダのオクラの苗に止まってました。カマキリなんて5年ぶりくらいに見たなあ。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

マイナスワンにもなるウォーキングベース練習お勧めアプリ!

1,300曲のジャズスタンダードの伴奏上で練習できます。キー、テンポチェンジも自由自在です!


詳しくはこちらinfomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

-Fブルースのウォーキングベースライン(JAZZ), 音使いについて

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.