ベースブログ定期更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座!

ベースラインで使える小ワザ

小節目の第一音目でルート音を弾かないベースライン

投稿日:

スポンサーリンク

 

本記事は、都内でベーシスト、ベース講師として活動する星野徹が

悩めるベーシスト
ベースラインベースラインのアプローチがワンパターンだなあ

という方向けに作りました。

今回は、

小節目の第一音目でルート音を弾かないベースライン

ということで、ワンランク上のウオーキングベースの組み立て方について解説していきます。

譜面はこちらからダウンロードできます。
https://note.mu/toru0113/n/n45e6a99d41c5

 

 

第一音目をあえてルートにしないベースライン

赤マルつけたところが、小節の開始音がルートの音から始まっているベースラインです。

 

いかがでしょう。違和感なくハマっていると思いませんか。

星野
今回のベースラインで意識したポイントを3つと注意点を3つ解説していきます。

意識したポイント3つ

1・流れを意識する

2小節目です。

Dm7の短3度の音、Fからはじまり、F(m3rd)→E(9th)→D(root)→A(5th)と進行しています。

前の小節から見ると、

Amの小節の第二音目、C→B→Aとなだらかな下りのラインになっています。

このまま1小節目の第四音目、Aの音から無理やりDの音(2小節目のDm7のルート音)に着地せず、あえてFの音(Dm7のm3rd)に着地することで、なだらかな流れを崩さないことを意識しました。

 

2・3度に着地する

2小節目でもそうだったのですが、3度に着地しています。

星野

3度の音は、ルートに対してのメジャーとマイナーという響きで分かれていて、コードのキャラクターを演出しやすい音なんです。

わかりやすくいえば、ルートじゃない音使いするなら3度はじまり有効だよってことです。

 

 

3・ルート音も混ぜる

3度に着地しても、その後、ルート音を入れてあげるようにしています。

そうすると、小節全体にコード感が生まれます。

因みに、3度着地して2音目がルートだと、ルートを一拍間違ったように聴こえちゃうかもしれないので、3音目にルートを配置することを意識しました。

注意点3つ

やりすぎ注意

前提として、第一音目はルート音であることが望ましいです。

ルート以外の音からのアプローチは、ところどころで使っていきましょう。

今回は、16小節中、5小節がルート音以外の音が第一音目です。

ルートから始まらないアプローチはアドリブ時の方が有効

テーマのときは、メロディーがコードのルート音を想定されていることがあります。

たとえば、このフライミートゥザムーンっていう曲は、主旋律のメロディが3度から開始されていることが多いです。

テーマ時に全部3度からベースライン弾いたら音がぶつかっちゃうかもしれないので、ルート以外の音からアプローチをする際は、アドリブ時が望ましいです。

 

セクションの変化時は気をつけて

楽曲には、AセクションBセクションCセクションとあります。ここは、場面の変わり目でもあります。

セクション変化時にルートでない音を持ってくるとちょっと変化が伝わりにくいので、セクション変化時はルート音が望ましいと考えます。

 

ということで、今日は、小節目の第一音目でルート音を弾かないベースラインという内容でお伝えしました。

日々の皆さんの練習のヒントになれば幸いです。

2022年、2月追記

第一音目にルートを使わないアプローチを、巨匠ジャズベーシスト、ポール・チェンバース氏の演奏を参考に動画で解説させていただきました。

レジェンドの演奏や考え方もぜひ参考にしてみてください。

チャンネル登録して頂くと更新通知が届きますのでぜひ登録してください^^

YOUTUBEチャンネル登録はこちら

 

更に、それでもベースラインがうまく作れななかったら…

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ただ、記事や動画だけではわからないという方もいらっしゃると思います。

そうした方には、全国対応のオンラインレッスンがオススメです。

スポンサーリンク

ピンポイントで疑問点に対し明確な回答を得られるので、独学よりも数倍早く知識や技術の定着に繋がります。

ぜひ全国対応のレッスンをご検討ください。

 

ベースのオンラインレッスン

エレキベース・音楽理論オンラインレッスン

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

 

ウッドベース オンラインレッスン

ウッドベースのオンラインレッスンも行っています。

基礎的な内容から、セッションで演奏できるようになるような実践的な内容まで、幅広くレクチャーさせていただきます!

 

新感覚!フレックスタイムレッスン

講師と時間を合わせず、好きな時間に練習し、フィードバックを得られるタイプの新感覚レッスンです。

フレックスタイムレッスンの詳細はこちら

 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座


いきなりレッスン受けるのはちょっと。。。。という方への無料レッスンです!

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編のメルマガになります。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

メルマガの登録はこちら

電子書籍販売中です

自宅でベースのアドリブソロやベースライン作成
について学びたい方にオススメです!

電子書籍の詳細はこちら

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

お気軽にご登録ください(^^)

ツイッター

毎日ベースの上達に関するお役立ちツイート配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

-ベースラインで使える小ワザ

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.