ベースブログ定期更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんベースライン作成講座!

ベースのフォームについて

押弦するとき、左手の親指の付け根痛くなってませんか?ベースを弾くときの親指の位置と力の使い方について

投稿日:

スポンサーリンク

押弦するとき、左手の親指の付け根痛くなってませんか?

 

左手の親指の付け根痛くなってませんか?

ベースはじめたばかりの頃によくありますが、押さえている左手の親指の付け根が痛くなることがあります。

痛くなったら、フォームを見直す必要があるかもしれません。

がっしりとネックを握ると、1ポジションだけは押さえやすいかもしれませんが、がっしりすぎると手が固定されてしまいポジション移動がやりにくいです。

親指に力任せで押さえるというよりは、腕全体の力で押さえるイメージです。

どこでもいいので、適当にフレット上に人差し指を置いて下さい。

このとき、親指で”挟む”ようにして押弦するとどうしても親指の付け根に負荷が掛かります。

もう一度いいますが、腕全体の力を使って押弦するイメージです。

 

腕全体でネックを押さえるって、、、?

一度、親指を使わずにフレットを押さえ、3弦3フレからドレミファソラシドを弾いてみてください。

すっごいやりにくいと思いますが、その時、押さえる時どこに力が入っていますか。

この辺の指の力に頼るのではなく

腕のからの力を借りて押さえる。

これが腕全体でネックを押さえるっていう考え方です。

で、親指を離すとやりにくいから”添える”という感じで置いてあげます。親指を”挟む”でなく”添える”という感じです。

そうすると親指に負荷がかかりにくくなります。

はじめはぎこちなくなっちゃいますし、これはちょっと難しいですが、

親指の付け根が痛くなってしまうと腱鞘炎になります。

著者も実は腱鞘炎もちです。へんなフォームでオーバーワークしすぎた時期があって、やってしまいました。

「痛い」というとどこかおかしい可能性がありますので、フォームや身体の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。

こちらの記事もご参照いただければ幸いです。

高田馬場でベースレッスンを行っております

独学ではベースのスキルアップってなかなか難しいところがあります。

レッスンでは技術に関してのアドバイスはもちろん、生徒さんのご都合に合わせた練習プランなどもご提案させて頂いております。

便利な山手線、高田馬場の無料体験ベースレッスン、生徒さんの募集を随時行っております。

体験レッスンの動画です。

詳細・お申込みはこちら↓

 

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、毎週末日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

質問が多い為、内容をちょっと変えて再アップしました。

来週の火曜日久しぶりに休みが取れたので野球を見に行こうと思ったのですが、残念ながら東京ではやってないみたいですね。。。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

-ベースのフォームについて
-

Copyright© 超かんたんベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.