ベースのフォームについて 動画解説はじめました

【動画解説】4弦ベースで右手の親指、どこに置く?

更新日:

スポンサーリンク

 

4弦ベースでフィンガーピッキングをするときの親指を置く位置に関してご質問がありました。

親指の位置について動画で説明!

親指の位置は

・フロントピックアップの上
・リヤピックアップの上
・ネックの根本
・弦の上
・置かない

の5パターンがあると考えています。

「弦の上に指を置いたほうがいいか、ピックアップの上に指を置いたほうがいいか」という質問をよくいただきますが、どっちでもいいと思います。

 

細かいけど重要!親指の位置

4弦の上に親指を置けば、その分1弦に人差し指や中指が近づきます。

逆に、ずっとピックアップに親指をのせたままだと、1弦は遠いです。

 

だから、指の短い女の子とかには、4弦に指を置くことを勧める時もあります。

あと、5弦とか6弦とかとなると、指板が広いから弦に指乗せたほうがいいかもしれないです。

そのほか、メリットとデメリットについて考えてみました。

ピックアップの上に親指を置くことのメリット

・軸が安定する

親指の位置が定まっていて、「支点が定まっている状態です」

ピックアップの上に親指を置くことのデメリット

・1弦が遠い

ピックアップの上に乗せることで、1弦との間にそれなりに距離が出来ます。

指の短い人は苦労します。

弦の上に親指を置くことのメリット

・1弦が近い

1弦が楽にピッキング出来ます。指の短い人に向いています。

・4弦ミュートが楽

4弦に親指を置いたまま4弦を弾けば、簡単にゴーストノートが作れます。

モータウン系や、古いR&Bなどは、スラップのそれとは違うツーフィンガーのゴーストノートを使っていることが多く、4弦に指を置いていたほうがサウンドメイクしやすいかもしれません。

弦の上に親指を置くことのデメリット

・4弦を弾くとき右手親指を離す必要がある

4弦で通常のピッキングサウンドを鳴らしたい場合、右手親指は離さなければいけません。

そのとき、ピックアップに移動するか空中に移動するかなど状況によって異なりますが、支点が変わります。

以下、親指の位置をみてください。

ここから

ここに移動することもあります。

ほんの少距離ですが、スムーズに移動できるようになるためには、慣れが必要です。

スポンサーリンク

 

 

奏法は、いろいろ試して自分のベストを見つけよう

冒頭で述べましたが、いい音が出れば、かっこいいプレイができれば、親指の位置はどこでもいいと思います。弦の上に指を置いているプレイヤーも沢山います。

親指を置いてないプレイヤーもいます。今よく聴く音楽、好きなベーシストを参考にしながら、右手の位置についても考えてみましょう^^

高田馬場でベースレッスンを行っております

独学ではベースのスキルアップってなかなか難しいところがあります。

レッスンでは技術に関してのアドバイスはもちろん、生徒さんのご都合に合わせた練習プランなどもご提案させて頂いております。

便利な山手線、高田馬場の無料体験ベースレッスン、生徒さんの募集を随時行っております。

体験レッスンの動画です。

詳細・お申込みはこちら↓

 

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、毎週末日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

-ベースのフォームについて, 動画解説はじめました

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.