ベースブログ定期更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんベースライン作成講座!

リズムトレーニングのヒント

ベースで4分音符・8分音符・3連符・16分音符の基礎練習

更新日:

スポンサーリンク

ウォーキングベースをプレイするうえで、音符の種類や役割は知っておきたいです。

4分音符と8分音符の違い

 

4分音符

メトロノーム”ピッ”一発に対し、”ボ―”とピッキング1発分が4分音符です。

メトロノームが4発鳴れば、”ボー・ボー・ボー・ボー・”と、4発分。これが、4分音符の効果です。

4分音符の表記は以下。(下の×の記号は、メトロノームのクリックです。)

4

 

ジャズの4ビートにはひたすら4分音符が使われます。

8分音符

メトロノーム”ピッ”一発に対し、”ボボ”とピッキング2発分が8分音符です。

メトロノームが4発鳴れば、”ボボボボボボボボ”と、8発分。これが、8分音符の効果です。

8分音符の表記は以下。

8

 

ロックの8ビートでは8分音符の連打がよく使われます。

 

3連符と16分音符も知っておこう

 

3連符

メトロノーム”ピッ”1発に対し、”ボボボ”とピッキング3発分が3連符です。

1発に対し、均等に3音が配置されるよう、心掛けます。

1

シャッフルビートなどでよく使われるビートです。

16分音符

メトロノーム”ピッ”1発に対し、”ボボボボ”とピッキング4発分が1分音符です。

メトロノーム4発に対し、”ボボボボ・ボボボボ・ボボボボ・ボボボボ・”と、16発分。これが、2分音符の効果です。

16ビートの表記は以下。ファンクの16ビートでよく使われます。

16

 

4分音符・8分音符・3連符・16分音符を弾いてみました

メトロノームテンポ60を鳴らしながら、4分音符・8分音符・3連符・16分音符を弾いてみました。

練習方法・例

動画でやっていることをひたすら繰り返します。

・テンポ=60

・時間:1回5分

・使う音:3弦開放弦(A弦)

・やりかた

最初の4発で4分音符
次の4発で8分音符
次の4発で3連符
次の4発で16分音符

また2分音符に戻る。(動画のとおりです)

・注意すること

音の大小にばらつきが出ないように。リズムがぶれないように。

この練習を毎日5分、シンプルな練習なので自分では変化はわかりづらいですが1か月間真剣にやればリズム感はかなり鍛えられます。

スポンサーリンク

練習の参考になれば幸いです。

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

-リズムトレーニングのヒント
-,

Copyright© 超かんたんベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.