練習のときによく使っているi-Real-Proのオプション機能


スポンサーリンク

曲の練習に便利なi-Real-Proですが、意外と知られていない機能もあったので、まとめてみました。

自分でも、よく練習で使っている機能です。

練習のときによく使っているi-Real-Proのオプション機能

途中から再生する

小節を長押しすると、途中から再生することができます。部分的な練習をするのに便利です。

部分ループ

ループを開始したい小節を長押しし、更にループを終了したい小説まで、枠を広げます。

そうすると、この黄色く囲った範囲だけを練習することが出来ます。これも部分的な練習をするのに便利です。

徐々にテンポを速くしてく

↑楽曲の左下の王冠みたいなところをクリックすると、

以下のページになります。↓

そこで、速さを変えられます。「+10pm」とすると、たとえばテンポ100で1コーラス再生した後、2コーラス目はテンポ110で再生されます。

 

このページで、移調も可能です。

 

リズムパターンを変えられる

644430_877007655673825_4534247155133693454_n

スイング、ラテン、ボサノバ、ファンク、ロック、3拍子など多彩にリズムパターンを変えることが出来ます。自分の練習中の曲、今のバンドの曲のリズムに合わせた練習方法が可能です。

枯葉(Autumn leaves)をいろいろなパターンで弾いてみました。

「枯葉」などに使われるコード進行を2ビートと4ビートで弾く

曲を選択し、

1

画面の下部をタップ

2

リズムの選択「JAZZ」の位置から「Swing two/four」を選択

3

以下の動画のようにAメロと、Bメロで、ドラムが異なったリズムを出してくれます。

 

「枯葉」などに使われるコード進行をボサノバのリズムで弾く

 

上と同じ要領で、

リズムの選択「Latin」の位置から「Brazil:Bossa Acoustic」を選択

4

カフェミュージック系になります。

 

「枯葉」などに使われるコード進行を3拍子で弾く

「枯葉」などに使われるコード進行を3拍子にすることもできます。

ペンのマークをタップし

5

 

「編集」をタップ。

6

 

エディターの切り替わりの画面では、カーソルが以下の位置にあります。

7

 

記号をタップし

8

 

3/4をタップします。これで4/4が3/4になるはず。そうすれば、拍子が切り替わります。

9

 

名前もわかりやすく「Autumn Leaves3」に変更。

10

 

保存すれば、完成です。

11

ジャズスタンダードの曲だと、「Fly me to the moon」などは、4ビート、ボサノバ、3拍子など、いろいろなリズムでアレンジされることが多いです。

課題曲に合わせて、工夫してリズムをアレンジしていきましょう。

便利だけど使われていない、みんな知らない機能結構ありますので、気づいたらまた追記していきます。

i-Real-Proとは何か、インストール方法についてはこちらです。

スマホとセッション出来る?「iReal Pro」を使ってウォーキングベースを弾いてみよう!

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

5月って花粉症になるんです。

あーほんとやだ。くしゃみ鼻水はそこまでなんですけど、目がしょぼしょぼで、顔全体が風船みたいに腫れあがっている感じ。

あれ?太った?って思われます。体型はそこまで変わってないと思うんだけど。。。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・4月1日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。