ベースブログほぼ毎日更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんウォーキングベース作成講座!

ウォーキングベース上達お勧めアプリ

練習のときによく使っているi-Real-Proのオプション機能【随時追記中】

更新日:

スポンサーリンク

曲の練習に便利なi-Real-Proですが、意外と知られていない機能もあったので、まとめてみました。

自分でも、よく練習で使っている機能です。

動画解説

本記事を動画解説しました。よければごらんください(^^)

①0:16〜 カウントを変える
②1:06〜 途中から再生する
③1:39〜 テンポをどのくらいかはかる
④2:15〜 徐々にテンポを速くしてく
⑤3:24〜 オリジナルのコード進行を作る
⑥5:17〜 リズムパターンを変える
⑦6:22〜 曲を3拍子にする
⑧7:15〜 いろいろな楽器の音を消す
⑨8:00〜 カーソルを消す

練習のときによく使っているi-Real-Proのオプション機能

カウントを変える

カウントなし、4カウント、8カウントで曲をはじめられます。

1・楽曲の画面で、以下の赤マルがついているところをタップ。

2・以下の画面になるので、赤マルのついてる「デフォルトな楽器」をスワイプ。

3・すると、以下の画面になります。

「0」がカウントなし。
「1」が4カウント。
「2」が8カウント。

私は8カウントにしています。

 

途中から再生する

小節を長押しすると、途中から再生することができます。部分的な練習をするのに便利です。

部分ループ

ループを開始したい小節を長押しし、更にループを終了したい小説まで、枠を広げます。

そうすると、この黄色く囲った範囲だけを練習することが出来ます。これも部分的な練習をするのに便利です。

テンポをどのくらいかはかる

テンポどのくらいかなー?って思って正確なテンポがわからないとき、

以下の赤いところをタップして

メトロノームマークのところを、やりたいテンポでトントントンとタップすると、

そのテンポになってくれます。

徐々にテンポを速くしてく

↑楽曲の左下の王冠みたいなところをクリックすると、

以下のページになります。↓

そこで、速さを変えられます。「+10pm」とすると、たとえばテンポ100で1コーラス再生した後、2コーラス目はテンポ110で再生されます。

 

このページで、移調も可能です。

 

マイナスワン音源を作る

何の曲でもいいので、上のペンマークをタップし、「新曲」をタップ。

1

次の画面で、「空白」をタップ。

2

こんな画面になります。

3

ここにコードを書いていくだけです。曲のコードは自分で調べる必要がありますが、

アルファベットがコード
「-」がマイナー
「△」がメジャー
「%」がリピート記号
左下に小節線があります。

3

 

ささっと、書いてみました。慣れると、1分くらいでできます。

4

「記号」から

4

終止線を書けばできあがり。

5

繰り返しにしたい場合は、リピートマークをはじまりと終わりにつけます。

32

その他、イチカッコやコーダ、セーニョもあり、拍子も変えることができます。

譜面記号について詳しい記事はこちらに書きました。
http://basslesson.toruhoshino.com/sharp-flat-natural/

最後に、iマークを押すと

7

曲のタイトル
作曲者
リズム
調合

をそれぞれ選ぶことができますので、

8

変えてみました。

9

これで完成です。

作ったマイナスワンをバックに弾いてみました。

リズムを変えれば、ジャズだけでなく、ポップ、ロック、ファンク、R&Bなど、様々なジャンルに対応させることができます。

リズムパターンを変えられる

644430_877007655673825_4534247155133693454_n

スイング、ラテン、ボサノバ、ファンク、ロック、3拍子など多彩にリズムパターンを変えることが出来ます。自分の練習中の曲、今のバンドの曲のリズムに合わせた練習方法が可能です。

枯葉(Autumn leaves)をいろいろなパターンで弾いてみました。

「枯葉」などに使われるコード進行を2ビートと4ビートで弾く

曲を選択し、

1

スポンサーリンク

画面の下部をタップ

2

リズムの選択「JAZZ」の位置から「Swing two/four」を選択

3

以下の動画のようにAメロと、Bメロで、ドラムが異なったリズムを出してくれます。

 

「枯葉」などに使われるコード進行をボサノバのリズムで弾く

 

上と同じ要領で、

リズムの選択「Latin」の位置から「Brazil:Bossa Acoustic」を選択

4

カフェミュージック系になります。

 

「枯葉」などに使われるコード進行を3拍子で弾く

「枯葉」などに使われるコード進行を3拍子にすることもできます。

ペンのマークをタップし

5

 

「編集」をタップ。

6

 

エディターの切り替わりの画面では、カーソルが以下の位置にあります。

7

 

記号をタップし

8

 

3/4をタップします。これで4/4が3/4になるはず。そうすれば、拍子が切り替わります。

9

 

名前もわかりやすく「Autumn Leaves3」に変更。

10

 

保存すれば、完成です。

11

ジャズスタンダードの曲だと、「Fly me to the moon」などは、4ビート、ボサノバ、3拍子など、いろいろなリズムでアレンジされることが多いです。

課題曲に合わせて、工夫してリズムをアレンジしていきましょう。

ドラムとベースを抜く

以下をタップし、ドラムとベースのボリュームをゼロにします。

1

2

こんな感じになります。↓

ピアノの伴奏が常に小節のアタマにきているわけではないので、テンポキープのいい練習になるのではないでしょうか。

カーソルを消す

↑この動いているカーソルに頼りすぎてしまって、実際の譜読みが弱くなってしまうケースがあります。

カーソルの消し方(2018・3/7追記)
http://basslesson.toruhoshino.com/i-real-pro2/

i-real-pro、便利だけど。。。

ジャズの練習用アプリとして重宝するi-real-proですが、誰もがいうことがあります。

「i-real-proではできるんだけど、実際人と合わせるってなると、なかなか機械とやったように出来ないですね」

私もそうです。

i-real-proと合わせる時は誰も見ていないので緊張しませんが、人と合わせるとなるとやっぱり緊張するからだと思います。

その分、反復回数や場数がやっぱり大切になってくるのでしょうね。

便利だけど使われていない、みんな知らない機能結構ありますので、気づいたらまた追記していきます。

i-Real-Proとは何か、インストール方法についてはこちらです。

 

2018年11月2日有料教材第2段をリリース!

第3弾です!!
セッションですぐ使えるシリーズ。

今回は、ベースソロの動画解説。スタンダードの「枯葉」で演奏したソロの解説です。

note」というアプリで販売してます。
価格は¥300とお求めやすくしました
理論の学習やセッション参加用として、ベースライン作成用としてお役立て頂ければ幸いです。

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!
べーす

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

質問箱設置しました

ウォーキングベースやソロの作成方法、練習のやり方、ライブの心構えなど、お気軽にご質問ください。

ブログでお答えさせていただきます(^^)

 

↓ご質問はこちらから↓

 

 

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

-ウォーキングベース上達お勧めアプリ

Copyright© 超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.