枯葉

枯葉(Autumn leaves)のウォーキングベースライン1コーラスまるごと解説!

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ベース講師の星野徹(@jazzbassisttoru)です。

この記事は、セッションでも人気の「枯葉」のウォーキングベースラインの4ビートを全音符解説していくという記事と動画になります。

「枯葉」などで使える4ビートのベースラインを作成し、作成した1音符1音符をめちゃくちゃ丁寧に解説した記事となりまます。

【対象】

・「枯葉」のベースラインを弾いてみたい方
・ウォーキングベース始められたばかりの方
・コードを見てぱっとベースラインが組み立てられない方

1音符1音符説明していてすごい長い記事になっているので、

ブックマークされるか、お時間ある際にじっくり読んでいただくことをおすすめします。

 

ベースラインの特徴

今回のベースラインは、

ゴースト・ノートやハイフレット使用といった
あまり難しいことをしないシンプルな四分音符で、

かつ、開放弦から123フレット以内で作成

という、シンプルで初心者の方でも弾きやすいラインというコンセプトで作成致しました。

Aセクションから、1音符づつ解説していきます。

※コード進行は、ジャズ・スタンダード・バイブル(黒本)をほぼ参照しておりますが、アプローチに合わせて若干変化を加えている箇所もあります。

 

全体の流れ解説

A(1回目、8小節)→A(2回目、8小節)→B(8小節)→C(8小節)

という構成になります。

2週目のAに関しては、全くひねらず、初心者の方でも覚えやすいように1週目のAと全く同じラインで構築しました。

Aセクション8小節を2週

Bセクション

Cセクション

という流れになります。

 

Aセクション(1−8小節目)解説

スクリーンショット 2020-09-23 11.54.31

まずは、Aセクション(1−8)から使用音の解説を行っていきます。

 

1小節目

 

スクリーンショット 2020-09-19 10.55.49

Cm7のコード進行上で

1音目 C(Cm7のルート音)
2音目 D(Cm7の2度)
3音目 E♭(Cm7の短3度)
4音目 E(次の小節の第一音目、Fに向かう半音経過音)

という流れで組み立てました。

4音目、Eの音は、Cm7の構成音ではありません。

コードがマイナーコードなので、△3rdにあたるEの音を出すとメジャーな響きになってしまいますが、

次の小節アタマの音、F音に向かう流れを滑らかにする半音経過音として、”橋渡し”的な仕事をしています。

 

こうした経過音が、ジャズっぽさのひとつでもありながらも、構成音じゃない音使いという一種の矛盾が、「ジャズベースってかっこいいけど何したらいいかわからない」といった、

ベーシストを悩ませる1種の要因であると考えます。

 

ただ、半音経過音はウォーキングベースでは必ず使用するアプローチです。ぜひ、意識的に使用できるようにすることを勧めます。

以下の動画では半音経過音の使い方についてのより詳しい解説をしています。重ねてご参照下さい。

【100%使います】ウォーキングベースやるなら絶っっっ対!知っておきたい半音経過音
https://www.youtube.com/watch?v=dlFfdPBICts

 

2小節目

スクリーンショット 2020-09-20 12.02.25

F7のコード進行上で

1音目 F(F7のルート音)
2音目 E♭(F7の短7度)
3音目 D(F7の6度)
4音目 C(F7の5度)

という流れで組み立てました。

ルート→短7度→6度→5度というウォーキングベースライン。

このように度数が順番に並んだラインは弾き心地もよく、聴手にも流れが滑らかな印象を与えます。

 

3小節目

スクリーンショット 2020-09-21 10.46.55

B♭△7のコード進行上で

1音目 B♭△7(B♭△7のルート音)
2音目 D(B♭△7の長3度)
3音目 F(B♭△7の5度)
4音目 E(次の小節の第一音目、E♭に向かう半音経過音)

という流れです。

ここでも4音目に半音経過音を使用しています。原理は1−2小節目の流れと同じです。

 

4小節目

スクリーンショット 2020-09-21 10.50.50

E♭△7のコード進行上で

1音目 E♭(E♭△7のルート音)
2音目 D(E♭△7の7度)
3音目 C(E♭△7の6度)
4音目 B♭(E♭△7の5度)

という流れです。

ここも、ルート→7→6→5とこのように度数が順番に並んだライン。やはり弾き心地もよく、聴手にも流れが滑らかな印象を与えます。

 

5小節目

スクリーンショット 2020-09-23 11.51.18

Am7♭5のコード進行上で

1音目 A(Am7♭5のルート音)
2音目 B♭(Am7♭5の短2度)
3音目 C(Am7♭5の短3度)
4音目 E♭(Am7♭5の短5度)

という流れです。

Am7♭5はエーマイナーセブンスフラットファイブと読みます。

「5度をフラットさせる」という意味の記号なので、Aの5度、Eの音でなくE♭の音を使っています。ここは間違えやすいですからしっかり覚えておきましょう。

 

6小節目

スクリーンショット 2020-09-23 11.52.04

D7のコード進行上で

1音目 D(D7のルート音)
2音目 C(D7の短7度)
3音目 B♭(D7の6度)
4音目 F♯(D7の3度)

という流れです。

 

7小節目

スクリーンショット 2020-09-23 11.52.31

Gm6のコード進行上で

1音目 G(Gmのルート音)
2音目 B♭(Gmの短3度)
3音目 D(Gmの5度)
4音目 F(Gmの短7度)

 

8小節目

スクリーンショット 2020-09-23 11.52.38

Gmのコード進行上で

1音目 G(Gmのルート音)
2音目 F(Gmの短7度)
3音目 D(Gmの5度)
4音目 B♭(Gmの短3度)

という流れです。

 

開放弦から3フレット以内で作成するベースライン

尚、ここまで使用したポジションは、すべて開放弦から3フレット以内のフレット使用で組み立てました。

画像11

4ビートのウォーキングベースは、4分音符1押弦ごとに使う音が変わることが多いので、なるべくポジション移動が少ないように心がけています。

演奏動画を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、以下のように、

開放を使用
左人差し指は1フレで固定
中指は2フレで固定
小指は3フレで固定

という形で、全くポジション移動していないです。こうした、移動の少なさがスムーズなベースラインの演奏、構築にすごく繋がります。

 

Aセクション(9−16小節目)解説

スクリーンショット 2020-09-23 11.55.56

続いて、Aセクション(9−16小節目)の解説になりますが、こちらの8小節は、前半のAセクション(1−8小節目)のベースラインと同じ音使いで構築しました。

その為、細かな構築の仕組みについては省かせていただきます。

それで、よくご質問をいただく内容として、今回のAメロ2週分のように、「何回も同じようなパターンで弾いて問題ないのか」といったご質問をいただくことがありますが、

はじめのうちはこうしたアプローチでも全く問題ないと思います。

 

むしろ、初心者のうちに、無理やり毎回異なるパターンでベースラインを動かそうとしてしまうと、アプローチが間に合わなくなってしまい、タイムにピッキングが遅れるなど、リズムのズレに繋がってしまうことがあります。

本記事書籍の趣旨は、

コードを見てパッとラインが組み立てるのが難しいという方に向け、とりあえず書いてあるものをまんま弾けるようにし、「ウォーキングベースラインてこんな感じなのか〜」と感覚を養っていただくことを趣旨としております。

なので、コードを見てアプローチの自由度が増すまでは、アプローチはワンパターンであることを気にするよりは、

単調であれワンパターンであれ、しっかり一定のリズムを刻み、他の演奏者がプレイしやすいベースラインを奏でてあげることを心掛けてあげるといいと思います。

 

Bセクション(17-24小節目)解説

スクリーンショット 2020-09-23 14.06.38

Bセクション(17-24小節目)を解説していきます。

 

1-2小節目

 

スクリーンショット 2020-09-23 14.08.42

Am7♭5のコード進行上で

1音目 A(Am7♭5のルート音)
2音目 B♭(Am7♭5の2度)
3音目 C(Am7♭5の短3度)
4音目 E♭(Am7♭5の短5度)

D7のコード進行上で

1音目 D(D7のルート音)
2音目 C(D7の短7度)
3音目 B♭(D7の短6度)
4音目 F♯(D7の3度)

という流れで、Bセクションはじめの2小節は、Aセクション5〜6小節目と同じ動きにしました。

先述したように、

こうした同じようなコード進行が続いたとき、いろいろなベースラインの動きのパターンを使えたらかっこいいですが、

すぐにそうした対応ができない方は、まずコードを見てパッとラインを組み立てられない方は、前の小節で使ったパターンを使い回していくというベースラインの構築のやり方でも問題ないです。まずは繰り返し弾いて、スイングのリズムやジャズのアンサンブルに慣れましょう。

 

3-4小節目

スクリーンショット 2020-09-23 14.12.48

こうした、同じコードが2小節続くベースラインでどういった対応をしていいかわからない

というご質問は多いです。

ここでは、2小節にわたって続くGmのコードを「ひとまとまり」と考えます。

Gmのコード進行上で

1音目  G(Gmのルート音)
2 音目   G(Gmのルート音)
3 音目  A(Gmの2度)
4 音目  A(Gmの2度)
5 音目 B♭(Gmの短3度)
6 音目 B♭(Gmの短3度)
7 音目 B(次の小節の第一音目、Cへの半音経過音)
8 音目 B(次の小節の第一音目、Cへの半音経過音)

といった流れで半音経過音が2つ続きますが、徐々にルートから半音づつ音程を上げながら上昇しているラインで、弾きやすさもあり、違和感は感じないと思います。

それでこの時、Bセクションの8小節目の第一音目でルート音弾いていません。

スクリーンショット 2020-09-23 14.19.02

で、この時のイメージですが、Bセクション3小節目のGmのルート音Gから、5小節目のCm7のルート音、Cを見て、GからCまで滑らかに繋げてあげているイメージです。

 

スクリーンショット 2020-09-25 18.37.20

 

5-8小節目

スクリーンショット 2020-09-25 18.44.17

ここの4小節は、Aセクション1−4小節目のベースラインと全く同じ音使いで作成しました。

5小節目
Cm7のコード進行上で

1音目 C(Cm7のルート音)
2音目 D(Cm7の2度)
3音目 E♭(Cm7の短3度)
4音目 E(次の小節の第一音目、Fに向かう半音経過音)

6小節目
F7のコード進行上で

1音目 F(F7のルート音)
2音目 E♭(F7の短7度)
3音目 D(F7の6度)
4音目 C(F7の5度)

7小節目
B♭△7のコード進行上で

1音目 B♭△7(B♭△7のルート音)
2音目 D(B♭△7の3度)
3音目 F(B♭△7の5)
4音目 E(次の小節第一音目の音、E♭に向かう半音経過音)

E♭△7のコード進行上で

1音目 E♭(E♭△7のルート音)
2音目 D(E♭△7の7度)
3音目 C(E♭△7の6度)
4音目 B♭(E♭△7の5度)

という流れになります。

 

Cセクション(25−32小節目)解説

スクリーンショット 2020-09-25 18.52.47

Cセクション(25-32小節目)を解説していきます。

1- 2小節目

スクリーンショット 2020-09-25 18.53.52

Am7♭5のコードに対し

1音目 A(Am7♭5のルート音)
2音目 B♭(Am7♭5の2度)
3音目 C(Am7♭5の短3度)
4音目 E♭(Am7♭5の短5度)

D7のコードに対し

1音目 D(D7のルート音)
2音目 C(D7の短7度)
3音目 B♭(D7の6度)
4音目 F♯(D7の3度)

Aセクション5−6小節目で作成したベースラインをそのままこちらでも使用しました。

 

3−4小節目

スクリーンショット 2020-09-25 18.55.03

Gm7 G♭7 F m7 E7

と進行してます。

こんなふうに、ひとつの小節内にコードがふたつある場合、アプローチをどうすればいいですか?

といったご質問をよくいただきます。

それで、ここはあえていろいろ動かずに、全部ルートで進行してます。

スクリーンショット 2020-09-25 18.55.03

もちろんいろいろ動くこともできるのですが、

この楽曲は、全体的に同じようなコード進行がずっと続いている楽曲なので、「ロスト」といって、今自分が演奏している中でコードのどこにいるか見失ってしまうこともあります。

そんなとき、あえて動かずに、ここの半音感をアピールすることで、周りも、「ああ今Cセクションなのか」って気づきやすいんです。

絶対にウォーキングベースはいろいろ動かなきゃいけないということはありません。ルートだけだとダサいってことはなくて、こういうアプローチのやり方もあるんですね。

5小節目

スクリーンショット 2020-09-25 19.08.02

E♭7のコードに対し

1音目 A(E♭7の4度#)
2音目 B♭(E♭7の5度)
3音目 C(E♭7の6度)
4音目 E♭(E♭7のルートではあるが、ここでは次のコードのルートD7に向かう半音経過音扱い)

E♭7の第一音目は、4度#(4度シャープ)にあたるA音から構築した流れです。

このような構築にした理由は、このE♭7がAm7♭5の裏コードにあたるからという理由があります。

裏コードについての詳細な説明は省きますが、

Aセクション5−6小節目
Bセクション1−2小節目

のAm7♭5→D7の進行と同じ音使いにしています。

スクリーンショット 2020-09-25 19.17.31

スクリーンショット 2020-09-25 19.18.01

枯葉の29小節目は、

Am7♭5→D7 と進行することもありますし、今回のような
E♭7→D7 と進行することもあります。

今回は、ジャズ・スタンダード・バイブル(黒本)を参照にしたため、参照書籍のコード進行で構築させていただきました。

 

6−8小節目

スクリーンショット 2020-09-25 19.22.43

D7のコードに対し

1音目 D(D7のルート音)
2音目 C(D7の短7度)
3音目 B♭(D7の6度)
4音目 F♯(D7の3度)

Gmのコードに対し

1音目 G(Gmのルート音)
2音目 G(Gmのルート音・オクターブ上)
3音目 F(Gmの短7度)
4音目 E♭(Gmの短6度)

Gmのコードに対し

1音目 D(Gmの5度)
2音目 C(Gmの4度)
3音目 B♭(Gmの短3度)
4音目 B(はじめのAセクションCm7のルート音、Cに戻る半音経過音)

となっています。

じっくり譜面と向き合いながら、構築の仕組みをご理解いただければ幸いです。

ここまでが、今回作成した譜面の全音符解説になります。

また、既に公開中のブログ記事ではありますが、こうした予め書き起こされた譜面でなく、コードを見て即興で枯葉を演奏できるようにするための練習方法をブログと動画で解説しています。

こちらも重ねてご参照頂ければ幸いです。

即興でウォーキングベースラインを弾けるようになるベースラインの組み立て方(枯葉編)

電子書籍販売中です

自宅でベースのアドリブソロやベースライン作成
について学びたい方にオススメです!

電子書籍の詳細はこちら

 

各レッスンについて

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座


いきなりレッスン受けるのはちょっと。。。。という方への無料レッスンです!

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編のメルマガになります。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

お気軽にご登録ください(^^)

メルマガのご登録はこちら

エレキベース・音楽理論オンラインレッスン

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

 

ウッドベース オンラインレッスン

ウッドベースのオンラインレッスンも行っています。

基礎的な内容から、セッションで演奏できるようになるような実践的な内容まで、幅広くレクチャーさせていただきます!

 

新感覚!フレックスタイムレッスン

講師と時間を合わせず、好きな時間に練習し、フィードバックを得られるタイプの新感覚レッスンです。

フレックスタイムレッスンの詳細はこちら

 

ツイッター

毎朝7:30に、【朝のワンポイントレッスン】配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

-枯葉
-

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.