ベースブログ定期更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座!

Blue Bossa

ボサノバ系のベースラインで、「動いてる感じ」を出したいときの考え方【Blue bossa ベースライン】

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ベース講師の星野徹(@jazzbassisttoru)です。

今日は、ご質問を頂いたのでお答えしたいと思います。

悩めるベーシスト
ボサノバ系のベースラインて、ルートと5度ばかりで、もう少し動いている感じを出したいんですけど、どうすればいいですか?

といった方に向けた内容です。

で、実際これレッスンでもよく聞かれるんですけど、

ボサノバ系ってずっとこんな感じで1度5度1度5度ばかりで単調にしかならないから退屈!

って言う方多いんですよね。ただ、ヘタに動いちゃうとサウンド崩壊しちゃうのでどうすればいいかと悩まれる方多いんですけど、

で結論からいうと、

星野
ボサノバのベースラインで動いている感じを出したい時、メロディが動いてないところでベースが動いてあげると、クールにきまりやすいです。

ということで、今日は以下の目次で解説していきます。

 

メロディが動いてないところで動く考え方について

今日は、ブルーボサという曲を題材に考えいきたいと思います。で、さっきもちょっとやりましたがメロディが動いてないところで動くというのは、こういう感じです。

例1・5-8小節目

例2・9-12小節目

メロディが動いているときは、シンプルなルート5度ルート5度を刻む

メロディが全音符や休符などであまり動いていないときに、サラッと動く、

そんな感じで、音の動きにメリハリをつけてあげるイメージで演奏してあげると、単調さがなくなります。

ボサノバ系でベースラインを動かすときの注意点

ベース ラインを動かしてあげるとかっこよくなりますが、動かしても次のコードのルートにジャストタイミングで着地できないと、崩壊します。

こんなとき、動いたベースラインの最後の音を開放弦にしてあげるといいです。

例えば8-9小節目Cm7→E♭mの進行

ちょっと弾いてみてください。

こんな感じだと、8小節目の最後のFの音から次のコードのルート、E♭に戻ってくるの大変ですよね。

そんな時は、こんなふうに、動いた最後の音を解放の音にしてあげましょう。

こんなふうにすると、左手の押弦がフリーになる期間が一瞬できるから、動いても次の小節のルートに着地しやすいんですね。

開放弦を効率的に使うことを意識してあげるといいでしょう。

解説動画はこちら

本内容を動画にしてみました!文字じゃわからん!て方はご覧ください。

チャンネル登録して頂くと更新通知が届きますのでぜひ登録してください^^

更に、それでもいいリズムが弾けなかったら…

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ただ、記事や動画だけではわからないという方もいらっしゃると思います。

そうした方には、全国対応のオンラインレッスンがオススメです。

ピンポイントで疑問点に対し明確な回答を得られるので、独学よりも数倍早く知識や技術の定着に繋がります。

ぜひ全国対応のレッスンをご検討ください。

ベースのオンラインレッスン

エレキベース・音楽理論オンラインレッスン

スポンサーリンク

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

 

ウッドベース オンラインレッスン

ウッドベースのオンラインレッスンも行っています。

基礎的な内容から、セッションで演奏できるようになるような実践的な内容まで、幅広くレクチャーさせていただきます!

 

新感覚!フレックスタイムレッスン

講師と時間を合わせず、好きな時間に練習し、フィードバックを得られるタイプの新感覚レッスンです。

フレックスタイムレッスンの詳細はこちら

 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座


いきなりレッスン受けるのはちょっと。。。。という方への無料レッスンです!

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編のメルマガになります。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

電子書籍販売中です

自宅でベースのアドリブソロやベースライン作成
について学びたい方にオススメです!

電子書籍の詳細はこちら

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

お気軽にご登録ください(^^)

メルマガのご登録はこちら

ツイッター

毎朝7:30に、【朝のワンポイントレッスン】配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

-Blue Bossa
-

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.