即興でウォーキングベースラインを弾けるようになるベースラインの組み立て方(枯葉編)


スポンサーリンク

即興でウォーキングベースラインを弾けるようになれるトレーニングのやり方についてまとめました。

今回は、ジャズ・スタンダードでも有名な楽曲、「枯葉」などで使われるコード進行を用います。

即興でウォーキングベースラインを弾けるようになりたい

予め作られた譜面を用意するのではなく、即興でウォーキングベースラインを弾けるようになりたいですが、すぐには出来ないです。

今回は、「枯葉」などで使われるコード進行の最初の8小節

Cm7 → F7 → B♭△7 → E♭△7

→Aφ7(Am7♭5) → D7♭13 → Gm6 →Gm6

をピックアップして、即興でウォーキングベースラインを弾けるようになるベースラインの組み立て方を解説していきます。

※画像はi-Real-Proより

ステップ1・ルートで弾く

ルートでベースラインを弾けるようにし、徐々に音数を増やしていってみましょう。

ルートについては以下の記事で説明しましたが、ルートでベースラインを弾ける人は読み飛ばしてください。
http://basslesson.toruhoshino.com/route/

コードはあたまからCm7、次はF7、B♭7、E♭△7と進行していきます。

まずはゆっくりのテンポで小節のアタマでルートを合わせてみましょう。

 

で、それが出来たら4分音符を4音づつはめていきましょう。

4音づつはめて、100~120くらいのテンポで全体とおして弾けたら次へ進みましょう。

 

ステップ2・ルートと5度で弾く

ルートに5度を加えました。


ルートだけの進行と比較すると、結構動いている感じ出ていませんか。

5度について

C(3弦3フレット)だったら、5度は以下の場所。

B♭(3弦1フレット)だったら、5度は以下の場所

指板全体、ルートに対してこの位置関係です。

5度に対しての考え方ですが、難しい言葉を使わずに用いると、

動くベースラインを作る時、とりあえずルート以外で何の音が使えるかと考えた時に無難に使える音

と捉えて頂いて問題ないです。

※5小節目にAφ(Am7♭5・マイナーセブンフラットファイブ)というコードが出てきますが、これは、5度をフラットさせるという指示です。

 

通常、Aの5度はEですが、5度をフラットさせるので、E♭を弾いています。

さて、今度は3度も入れてみましょう。

 

 

ステップ3・ルートと3度で弾く

前半と後半で違うパターンで作りました。

3度について

3度については、このブログでも結構書いてきました。

例えば、ルートがCだったら

C△7、C△、C6、C7などは3度はここ

画像①

Cm、Cm7などは3度はここ

画像②

それぞれ、ルート音と一緒に弾いてみて下さい。画像①と画像②だったら①の方が明るい響き、②の方が暗めな響きに聴こえませんか。

3度は、コードがメジャー系のコードなのかマイナー系のコードなのか、明るさと暗さを分ける装飾音で、そのコードのカラーを決定づける重要な音です。

更に3度について詳しく説明してあります。よかったらこちらもご覧下さい。
http://basslesson.toruhoshino.com/3%EF%BD%92%EF%BD%84/

ここまでの練習のやり方

指に覚え込ませる練習ではなく、今どこを弾いているのか意識して練習をすることが大切です。

これまで出てきた3度や5度を、小節内のいろいろな位置に置くことを試しましょう、

例1・1~2小節目 5度を第二音目に動かしたパターン

例2・3~4小節目 5度を2音使ったり1音しか使わなかったりしたパターン

例3・5~6小節目 3度の音をいろいろ動かしたパターン

例4・7~8小節目 3度と5度を動かしたパターン

こんなふうに、4つの4分音符の中のいろいろな位置にルートと5度を置いていきます。

慣れてきたら次に進みましょう。

ステップ4・ルートと3度と5度で弾く

今度は1つの小節の中に3度と5度を入れてみました。

一例です。

運指のしやすさを考え、全小節に3度とか5度を入れているわけではありませんが、3度と5度を入れるとかなり動きがある感じがしませんか。

この、ルート、3度、5度などの音を「コードトーン」といいます。

コードトーンは、この曲だけでなく他の楽曲のウォーキングベースを作る際もよく使われます。

先程の「ここまでの練習のやり方」で解説したように、ここでもまた3度や5度をいろいろな位置に置くことを試し、運指の位置、音の響き、弾きやすさ、など確認しながら練習しましょう。

例1

例2

例1、2とも小節内での使用音全てを動かしてみました。以下のような感じになります。

最後に、経過音を入れます。

経過音の入れ方

経過音は4分音符の4つ刻みの4ビートの場合、第四音目に次の小節のコードのルートにあたる音の半音上か半音下の音を使うことが多いです。

言葉だとすっごいわかりにくいですね笑

たとえば最初の8小節、経過音とルートだけでベースラインを作るとこんな感じです。

経過音には「P(パッシング)」と表記しました。2小節目、3小節目は小節のコードの3度の音、4小節目、5小節目はは小節のコードの5度の音が経過音になっていますね。


これだけでも悪くないですが、5度入れてみます。

5度と経過音が同じ音になっているところもありますが、ここでは第四音目は経過音として考えます。


3度も入れてみます。

こんな感じになりました。運指のしやすさを考慮し、全てに3度を入れているわけではありません。

 

ルート+3度+5度+経過音を使いこなそう

ちまたのCDに収録されているアーティスト「枯葉」のベースラインは全てルート+3度+5度+経過音でできています…

っていうことはまずありません。

しかし、ルート+3度+5度+経過音の動きをコントロールできるようになれば、少しづついろいろな動きに対応できるようになります。

何度もいいますが、丸暗記練習ではなく即興で弾けるようにする為の練習です。

試す、考える、失敗する事が大切です。

いろいろな位置に音を置くことを試し、ゆっくりなテンポで、運指の位置、音の響き、弾きやすさなど確認しながら練習しましょう。

あまり疲れていない、集中しているときにやることを勧めます。

以下、個人的にやっている練習の工夫です。
http://basslesson.toruhoshino.com/jimina/

最後に動画撮ってみました。

お読み頂きありがとうございます。この記事に関しての質問などありましたら受け付けております。

また、無料体験レッスンも随時受け付けております。

べーす
sukaipu

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

クライマックスシリーズが始まると、3位だったチームを応援する習性があります。

DeNAと楽天に史上最大の下克上、やってほしいですね。けど、パの2戦目の岸投手の球凄い走ってたなあ。

あと、昨日の藤浪よかったなあ。

10/22(日)町田INTO THE BLUE(ジャムセッション) Start/19:00 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)

10/30(月)笹塚bar竹花(ジャムセッション) Start/19:30 CHARGE/¥1000(別途飲食代¥2000)
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)他

11/3(金・祝)笹塚bar竹花(ジャムセッション) Start/19:00 CHARGE/¥1000(別途飲食代¥2000)
W/河原崎聡(Ts)村山峰之(ds)田中利佳(P)他

11/5(日)ルジェコ杉田 START/19:00 CHARGE/¥2000
W/増田信太郎(g)

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・10月11日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。