ウォーキングベースって何?


スポンサーリンク

「ウォーキングベースって何?」とまず知っておかなくてはいけません。

当サイト最大のテーマです。文章で説明する前に、なんとなく動画を見て「こんなものか」と感じてみて下さい。

11659299_943581199016470_2123244014850824694_n

ウォーキングベースってこんなもの!

私が弾いた簡単なウォーキングベースのデモンストレーション動画です。

ウォーキングベース参考楽曲とアーティスト

 

東京事変

日本一有名なベーシスト・亀田誠治さんのバンドです。

エゴラッピン

筆者がウォーキングベースをはじめるにあたり、個人的に一番影響を受けたバンドです。

L’Arc~en~Ciel

このように、ロックバンドも最近では頻繁にウォーキングベースを取り入れています。

ジャズ(マイルス・デイヴィス)

ジャズはウォーキングベースの、まさにルーツです。

 

ウオーキングベースとは?

名前のとおりスキップするように、軽快に流れるベースラインの事です。

ドラムのリズムが、ロックのような

ずったん、ずずたん、ずったん、ずずたん だと
ボボボボボボボボ…といったベースラインが一般的には合います。

しかし、ドラムのリズムが、以下のような

しゃーーんしゃっか、しゃーーんしゃっか、しゃーーんしゃっか、
だと、ボ―ンボ―ンボ―ンボ―ンといった、伸びやかで軽快なリズムがハマります。

一般的にこのリズムを、”ハネる”といい、そこに乗っているベースラインを、ウォーキングベースといいます。

実際に、メロディを乗せてみます。

 

枯葉

色彩のブルース(エゴラッピン)

ウォーキングベースの音使いについて

ウォーキングベースの音使いは、定義が曖昧で、奥深いものです。「ここを必ず弾かなくてはならない」「ここは絶対に弾いてはいけない」というものはありません。

スポンサーリンク

その分、初心者の方は何をしていいかわからずに挫折してしまう事も多いようですが、当サイトでは、元パンクロッカーながら独自の視点でウォーキングベースの習得に取り組み、アメリカのジャズの本場ニューヨークでウォーキングベースの研究を重ね、現在も年間100公演以上の演奏活動を行う著者が、ウォーキングベースの手っ取り早い入り口を伝授致します。

⇒著者のちょっと変な写真のプロフィール

⇒こちらのページで、ウォーキングベースの簡単な作り方をささっとご説明しております!

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

エゴラッピンの中でも大好きな曲が、この「かつて」という曲。

序盤のソプラノサックスのソロがセクシー過ぎます。これ聴いて、あージャズやりてぇー!って思いました。

いや、「できるかな~」の方が強かったかな笑 とりあえず、今も毎日必死ですw

⇒筆者の演奏スケジュール・6月8日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。