ウッドベースやってみない? 動画解説はじめました

ウッドベースレッスン#2 高さ・構え(フォーム)について

更新日:

スポンサーリンク

ウッドベースレッスンシリーズを、ブログと動画で発信していきます。

レッスン第2回目は高さや構え(フォーム)についてお話します。

本記事の内容

本記事は、都内でウッドベース奏者、指導者として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が

・はじめてウッドベースを持つ方

・これからウッドベースをはじめる方

・ウッドベースの構えを見直したいという方

に向けた記事になります。

※ウッドベース指導には流派や出身学校などによってレクチャーの方法が異なりますので

あくまでご参照にという形で本記事内容を捉えて頂ければ幸いです。

動画解説しています

本記事内容を動画解説しています。

ウッドベースの高さについて

ウッドベースは、基本立って弾く楽器です。

座って弾くこともあるのですが、立って弾く際はこんなふうにエンドピンというものがあって、それを伸び縮みさせて使います。

身長が高い方は伸ばして使うことが多いです。

私は身長161センチくらいなので伸ばさず使ってます。

ちなみにレッスンでは

〜160センチくらいの方

170センチくらいの方

180センチくらいの方

こんな感じで伸ばしています。あくまで目安としてご参照下さい。

構えについて

立ち方

背筋ぴーんでのけぞりすぎず、

かといって猫背でも不自然です。

あくまでリラックスした自然な立ち方を意識します。

正面

足の開き

足は肩幅くらいに開きます。

あんまり閉じすぎてても弾きにくいし、

足を開きすぎていても不自然です。

弦の向き

あんまり弦の向きが内側すぎると、E弦(一番太い弦)に手が届きにくいです。

かといって、

あんまり弦の向きが外側すぎると、指板が見えないです。

実際の目線は、E弦(一番太い弦)が見えている感じ。

ほかの弦はあまり見えてません。

正面から

ネックの位置

あまりネックが遠くにいっていると、左手の押弦が大変なので、ネックは遠すぎない場所に位置させましょう。

私は身体からこのくらいの位置でやってます。

このくらいまでネックを倒して演奏される方も居ます。

 

全身鏡使うといいですよ!

弾いていることに夢中になってくると、気づいたら変な立ち方になっている

ことがありますので、可能なら全身鏡を目の前に置いてフォームを確認してみましょう。

私もそうやってます。

手を離しても支えられる位置を

ウッドベースはエレキベースと違って、ストラップがないため、常に身体で支えていなければいけません。

こんなふうに手を放しても

ちょっとの間支えてられる位置が理想ですね。うまい人は手を使わなくてもずっと支えています。

凹みがおなかの脇腹あたり

この部分を

右脇腹のちょっと下あたりの凹みにくっつけて、

ちょっと寄っかからせる感じで添えると安定しやすいです。

で、右手をだらーんとこういうふうにあげて、指が引っかかりそうな位置に配置する

こんな感じが理想です。

フォームが大切な楽器

ウッドベースは弦の張りが強く、本体も大きいのでいきなりしっかりした音を鳴らすことは難しいのですが、

身長150センチ代の女性でもプレイされてる方は多いです。

ただ、弾きにくいフォームのままだと、しっかりした音が出ないので、正しいフォームを心掛けたいものです。

また、身長や手の大きさ、ジャンル、先生の違いなどでアドバイスされる内容は異なりますので、初めての方は、できたら定期的にプロの方に見てもらうといいです。

また、ウッドベース、コントラバスに関しても本はたくさん出版されています。

こちらは私がフォームに関して参考にした書籍です。右手の位置や左手の位置、練習方法などについても細かく書かれています。

ということで今日はウッドベースのフォームについて記事に致しました。

いつもお読みいただきありがとうございます。

それでも、何をしていいかわからなかったら…

ただ、ここまでお読みいただいても、独学だと何からはじめていいかわからない場合があります。

そんな方は、

1日30分の練習で、ウッドベース、アップライトベースが1年で弾けるようになる

をコンセプトとしたオンラインスクール、「WOODFLIX」がおすすめです!

動画添削で毎日レッスンが受けられ、独学よりも数倍早く知識や技術の定着に繋がります。

詳細は公式ページをご確認ください(^^)

スポンサーリンク

-ウッドベースやってみない?, 動画解説はじめました

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.