アナライズ(楽曲分析)

ジャズのアドリブをやりやすくする為にアナライズ(楽曲分析)をしてみよう!

更新日:

スポンサーリンク

本記事は、

・ジャズをやりたいけど何から取り組んでいいかわからない方

・アドリブ演奏をやってみたいベーシストの方

・ダイアトニックコードってなんとなくわかったけど、それがどうしたの?って思っている方

理論書を購入後3ページくらいで挫折し、以後開くことなく押入れの奥に眠らせている方

に向けた内容となります。

ダイアトニックコード理論を用い、楽曲の分析をすることでアドリブ演奏に役立てていく方法をお伝えしていきます。

※ベーシスト向けですが、全ての楽器プレイヤーさんに通じる内容です。

ダイアトニックコードについて

ダイアトニックコードについては、以下の2つの記事で詳しく説明しました。

もしこのページの説明がわかりにくい、そこなんで?っていうのがありましたら、こちらを改めてご覧頂いてからお読み直し頂く事で理解に繋がると思います。

 

楽曲の分析をする理由

 

星野
例えばキーCでこんな進行があるとき、アドリブをするときどんなふうに考えますか?
えっと、

Am7だから、ラの音が使えて
Dm7だったらレの音が使えて、

あ〜でも「7」とかついてるとよくわかんないなあ。

悩めるベーシスト
星野
ですよね。アドリブは即興演奏だから、こんな時、あらかじめ使える音が“ざっくり”わかっていた方がいいと思いませんか?
そりゃそうですけど。
悩めるベーシスト
星野
たとえば、この4小節は、コードの変わり目関係なく、「ドレミファソラシド」だけで組み立てられるんですよ。

※ドレミファソラシドだけを使ってフレーズを組み立てた例

あ、ほんとだ便利!耳馴染みがいい。
悩めるベーシスト
星野
ですよね。こんなふうに、何小節かでまとめて使える音を把握できると、アドリブもやりやすくなりますよね。

ってことで、さっそくアドリブをやりやすくする為のアナライズ(楽曲分析)をやっていきたいと思います。

今回は、以下フライミートウザムーンなどで使われている、最初の16小節を、ちょっとアレンジしたものを例に説明していきます。

アナライズの手順

アナライズの手順は以下です。

1・楽曲のキーを見分ける

2.ダイアトニックコードを見分けて使える音を判断

3・ノンダイアトニックコードを見分けて使える音を判断

というやり方をしています。

ダイアトニックコードとキーの一覧表をもとに話を進めていきます。

ダイアトニックコード一覧表

キー覧表

一覧表ダウンロードはこちら

1.曲のキーを見分ける

キーは曲の最初の方についている調合の数で決まります。

一覧表を参考に、この曲の場合、シャープやフラットなどの調合はついていないため、キーはCとなります。

2.ダイアトニックコードを見分けて使える音を判断

曲のキーを見分けたら、今度はまた表をもとに、ダイアトニックコードを見分けます。

一覧表をもとにすると、この場合キーCのダイアトニックコードが以下になりますので

 

この赤線を引いたところが、ダイアトニックコードです。

小節関係なく、赤線のところでダイアトニックスケール(このキーではCDEFGABの音)を使えば、“しっくりくる”音使いとなります。

3.ノンダイアトニックコードを見分けて使える音を判断

ダイアトニックではないコードを、ノンダイアトニックコードといいます。

青色が、この楽曲ではノンダイアトニックコードです。

ノンダイアトニックコードでも、いろいろなスケールを使う考え方があるのですが、

ここでは、1.3.5のトライアドの音が使えるというふうに考えます。

E7なら E(1度)G#(3度)B(5度)
A7ならA(1度)C#(3度)E(5度)

が使えます。

ここでポイント!ノンダイアトニックコードの音使い

ダイアトニックコードである赤線のところはCDEFGABの音

ノンダイアトニックコードの青線のところは
E7なら E(1度)G#(3度)B(5度)
A7ならA(1度)C#(3度)E(5度)

が使えると書きましたが

青線では赤線とは異なる音が使えるというところに注目です。

E7の3度の音、G#
A7の3度の音、C#の音

です。

ダイアトニックスケールからあえて“外した”音使いをしていることで、他の小節とちょっと違った感じを演出することができます。

ということで、整いました。

ここからアドリブ演奏していきます。

アナライズ後のアドリブ演奏

スポンサーリンク

ノンダイアトニックコード上での音の変化に注目して聴いてみてください。

パターン1・前半8小節でアドリブ演奏

0:00〜12秒までは、ドレミファソラシドだけでフレーズを組み立てています。

00: 13秒くらいのところでG#(E7の3度)の音を強調し、少し変化を出している感じが伝わるでしょうか。

 

パターン2・後半8小節でアドリブ演奏

 

00: 06 秒くらいのところでC#(A7の3度)の音を強調し、少し変化を出している感じが伝わるでしょうか。

ここ以外はほぼドレミファソラシドだけでフレーズを組み立てています。

 

ということで、今回は、ダイアトニックコードを応用した楽曲分析のやり方についてお伝えしました。

今後の練習のご参考になれば幸いです。

この記事に関する動画


アドリブや音楽理論、ウォーキングベースラインの作成方法について毎週動画配信をしています。

チャーチモードとイドフリミエロについて

さて、ダイアトニックコードを理解し、ざっくりと音使いを判断できるようになったら、

もう少し細かく小節ごとになんの音が使えるかを見ていけるようにしましょう。

「スケール」と「チャーチモード(イドフリミエロ)」について詳しく解説しています。

 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編無料のメルマガです。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

既にメルマガにご登録頂いた方には読んだ文章、ご覧になられた動画もあると思いますが、今まで、アドリブに関連して送った内容をひとまとめにし、内容を整理したものになりますので、

復習がてらもう一回見てみたいって方は、是非ご登録頂けたら嬉しいです^^

メルマガのご登録はこちら

各レッスンについて

■音楽教本のサポートセンター(単発30分で1回からOk)■

せっかく作曲やアドリブをがんばろうと教則本や理論書を買ったのに、なんちゃらコードとか、なんちゃらスケールとか、専門用語だらけですぐ挫折。。。なんてことはないでしょうか。

そんな方向けにそんな方を対象に、お持ちの音楽理論書を理解できるまで解説するサポートセンターをはじめました。

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ツイッター

「今日から使えるベースフレーズ」ツイッターとで毎日配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

-アナライズ(楽曲分析)

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.