「ルート音って何?!」ラーメンに例えてみました!


スポンサーリンク

「ルート音」について完璧だという方はこのページは読み飛ばして下さい。

「ラーメン」を例に、ご説明します。

ルート音とは?

 
写真1

たとえば上記の小説で、1小節目は、ルート音は「ド(C)」、2小節目はルート音は「F(ファ)」です。

小説のアタマにはほぼ「コード」というものが書いてあります。コードは上の楽譜のC△7とかF7とかEm、A7、A♯7等です。

△7とか7とかmとか♯7とか、色々な記号が付属されていますが、それらを全部取り払うと、それぞれC・F・E・A A♯となります。これがルート音です。以下の表をご参照下さい。

SASASA

つまり、C△7と記載されていて、ルート音は何?と聞かれたら、
C△7と考え、「C」。つまり、「ド」がルート音です。

Em7と記載されていて、ルート音は何?と聞かれたら、
Em7と考え、「E」。つまり、「ミ」がルート音です。

 

小節の中にコードが二つある場合は?

 
上記の楽譜、4小節目では、1小説の中にAm A♯7とコードが2つある場合があります。この場合は、ルート音もA(ラ)とA♯(ラ♯)になります。これらのルート音だけでベースを弾くと、こんな感じになりますが、

以下のようにメロディをつければ、それなりに音楽になります。

 

ルート音はラーメンのスープ?

 
2829720638_f382626f3d

私は、ルート音をラーメンのスープに例えています。例えば、ラーメンは

醤油ラーメン
塩ラーメン
味噌ラーメン
とんこつラーメン
味噌バターコーンラーメン

と種類様々ですが、麺や具を変えても、さほど味に変化はありません。ただ、スープを変えれば一瞬で味が変ります。

2581080658_4b6dfb0f4a

こんな写真ばかり掲載していてもお腹がすいてしまいますので、実際に音楽を用いて説明します。

 

ルート音を変えるだけでこんなに変わる!

 
ルート音を変えるだけで印象が変わることを実験します。

こんなメロディがあったとします。

パターン1

パターン2

この2曲、ピアノもドラムもやっている事は全く同じなのに、Aは明るくキャッチ―に、Bは暗く、悲しい感じに聴こえませんか。

実際に、パターン1のベースラインは「ドードードードー」、パターン2は「ラーラーラーラー」と弾いているだけなのですが、同じメロディーでもルート音を変えるだけでここまでメロディの感じが変ります。

つまり、

ベースのルート音というものは、音楽の曲調を完璧に左右してしまうものなのです。

ラーメン屋さんで醤油ラーメンを頼んだのに塩ラーメンが来たら「はい?」ってなりますね。

ベースでルート音を間違えると、時に聴き手に多大なる違和感を与えてしまうことがあります。

 

ベースはルート音だけ弾いていればいい?

 
それならベースはルート音だけ弾いていればいいの?と問われると、それはまた違います。大体、プレイしてきて飽きてきます。

しかし、慣れないうちは、ひたすらルート音に忠実になったほうがいいです。それで、音楽は成立します。

①・Fのブルース・ルート音のみの場合 

②・Fのブルース・一般的なウォーキングベースライン 

 

当ブログを読まれている方には、是非②を目指して欲しいですが、まずは①が出来てからの②になります。ドリブルが出来なければ、バスケやサッカーの試合には出られません。「基本に忠実に」です^^

 

ルート音のポジションは?

 
SAA

4弦エレキベースなら、Cのルートだけでも、3弦3フレット、4弦8フレット、1弦5フレット、2弦10フレットとあらゆる箇所に「C」のポジションがあります。

ただ、ハイフレットにポジションが向かうと、間違う可能性も高くなります。また、弦の太さから、特に3,4弦の音は、”ずっしり”とバンドアンサンブルを支えます。

そういった意味でも、ルート音は、出来るだけ3,4弦のローポジションを押さえることを心掛けたいです。

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。