ジャズ・スタンダード All of me

All of me のコード進行上でベースライン

投稿日:

スポンサーリンク

本記事は、都内でベーシスト、ベース講師として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が、ジャズスタンダードの「All of me 」のベースラインを弾き、解説した記事となります。

対象は、

ジャズのベースラインの組み立て方がまだいまいちよくわからない方

なんとなくベースラインを弾いちゃってる方

向けです。

実際に弾いてみた動画を参照に、こんなところを意識しました!というポイントをまとめて解説しましたので、ベースライン作成のご参照になればと思います。

演奏動画

All of meでベースラインを組み立てる上での大まかな流れ

「All of me」という曲は、同じ小節が何小節も続いていて、こうした状況でウォーキングベースラインを組み立てるとき、コードトーン主体の視点よりは、スケール主体で考える方が滑らかな流れが作りやすいんですね。

かんたんにいうと(1-3小節目)

”ドミソミドミソミ”みたいな、停滞感を感じさせるラインより

”ドレミファソラシレ#ミ”みたいなラインといいましょうか。

動画0:33〜ではこんなふうに弾いています。

とくに、

1-2小節目のC7

7-8小節目のDm7

11-12小節目のAm7では

ダイアトニックコードの理論に基づいて、それぞれスケールが使えます。

それぞれ、C△7のスタート地点を変えたものなので、ベースラインは組み立てやすいと思います。

なお、「イオニアン」や、「ドリアン」など、スケールについての解説

3小節目のE7、5小節目のA7など、ノンダイアトニックコードについての説明は別項で行っております。

以下の記事、または記事内の動画をご参照下さい。

「イオニアン」や、「ドリアン」など、スケールについての解説

ノンダイアトニックコードについての解説

その他、この楽曲でベースラインを演奏する上で、意識したことを3つまとめてみました。

All of meでベースラインを組み立てる上で意識した3つのこと

1・下の3度Eを使う

0:00〜

0:33〜

それぞれCの音を弾いたあとに4弦開放のEの音に向かっています。△3度ですね。

△3度って、指板のような位置関係を連想しがちですが

以下のも3度です。(下3度って呼んでます。)

ベースの場合、以下のように進行する音を常に上に考えていると、すぐにハイフレに到達してしまいます。

例)

なので、こうしたルートから下の位置のコードトーンを含めたウォーキングベースラインの作成を意識すると、ローフレットだけでもある程度ベースラインを構築することができます。

2・半音経過音を多めに

この楽曲のベースラインは、キーCのダイアトニックコードを構成するダイアトニックスケール、CDEFGABの音をでほぼ構成することができます。

 

しかし、CDEFGABだと、単調さが拭えません。

より音の流れ、コードの変化を感じさせていくうえで、CDEFGAにはない音を半音経過音として使用すると、ベースラインが立体的になります。

セクションA後半 1−3小節目 0:32〜

セクションA後半 5−7小節目 0:37〜

スポンサーリンク

 

半音経過音についての詳しい説明記事です。

3・ルートからはじまらないベースライン

これはワンランク上のテクですが、ベースラインが必ずルートからはじまらなくてはならないということはありません。

とくに今回のような、同じ小節が何小節も続くベースラインが連続して続く場合、いちいちルートに戻っていると、スムーズな流れを止めてしまうこともあります。

そんなときに、流れを崩さないという目的で、ベースラインをルートからはじめないというワザがあります。

Bセクション 5−7小節目(0:25〜あたり)

 

 

Cセクション 1−2小節目(0:45〜あたり)

今回は、マイナー3度入りが多いですが、こうしたルートからはじめないアプローチを考えた場合、3度や5度のといったコードトーンに着地してあげると、違和感のないベースラインに仕上がります。

第一音目をあえてルートにしないベースラインという記事も重ねてご参照下さい。

譜面販売してます

この記事内の演奏動画、使用した譜面は以下のサイトより¥200で購入できます。

ぜひ日々の学習にお役立て頂ければと思います^^

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編無料のメルマガです。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

既にメルマガにご登録頂いた方には読んだ文章、ご覧になられた動画もあると思いますが、今まで、アドリブに関連して送った内容をひとまとめにし、内容を整理したものになりますので、

復習がてらもう一回見てみたいって方は、是非ご登録頂けたら嬉しいです^^

メルマガのご登録はこちら

各レッスンについて

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

詳細・ご購入はこちら

ツイッター

「今日から使えるベースフレーズ」ツイッターとで毎日配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

-ジャズ・スタンダード, All of me

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.