未分類

Fインターバル(1-3フレット)

更新日:

スポンサーリンク

スケールの基礎練習、はじめはFインターバル練習です。

今後は各キーでこのインターバル練習をやっていきます。

 

Fインターバルを演奏してみよう

まずは実際に今回の課題のFインターバルを弾いていきます。

譜面ダウンロードはこちら
フォルダ内から「Fインターバル2,3,5度」の譜面をダウンロードしてください。

 

譜面とキーの説明

この練習は、キーFでの音階練習を3パターンの組み合わせで練習していきます。

使用する音は、F,G,A,B♭,C,D,Eの7音で、

2度インターバルであれば、全音階か半音階


3度インターバルであれば、長3度音階か短3度の音階(△3rdかm3rd)


5度インターバルであれば、完全5度音階もしくは減5度音階(5thか♭5th)

の音階を弾く練習します。

指番号について

音符の上に番号がふってありますが、指番号といいます。

スポンサーリンク

 

0=開放
1=人差し指
2=中指
3=薬指
4=小指

です。この指定通りの指番号で弾いてください。

3の指はローポジションでは出てきません。7フレット以降で出てきます。

※ふだんの演奏で3の指をローポジションで使用するのは問題ありませんが、星野のスタイルではローポジションで3の指は使用しません。

 

インターバル練習をやる理由

インターバルとは、音と音の距離のことをいいます。

F音からみたG音を「2度」
F音からみたA音を「3度」
F音からみたC音を「5度」

と呼んだりしますが、

この「度」が音と音との距離を表していると捉えてください。

この、2,3,5度はベースラインやフレーズを作成するうえでもとてもよく使われるので、何度も反復して、2,3,5度の響きを感覚的に身体に染み込ませるために、この練習をやります。

その他、練習をやる理由として、

・練習前の準備体操
・音名を覚える
・音程をよくする
・度数を理解する
・左手のフォームを整える
・適切な姿勢で弾けるようにする
・右手が弦に触れるタイミングを整える

といった、様々な理由が、この練習をやる理由としてあります。

 

動画提出のやりかた

以下のように、右手、左手が画面にしっかり入っている状態でスマホで撮影し、送ってください。

加えて動画の通り、

BPM60
1クリック1音

で、

0:33〜2:06の2度インターバルから撮影し、送ってください。

それでは、基礎力を上げるためにがんばっていきましょう^^

 

 

-未分類

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.