ベース上達お勧め機材

雨の日にベース用レインコートを着せて20分自転車に乗ってみた

更新日:

スポンサーリンク

 

本記事は、本記事は、都内でジャズベース奏者、指導者として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が、

雨の日にベース用レインコートを着せて20分自転車に乗ってみて、ベースケースが濡れていないかを実験したブログになります。

で、結論ベースは無事だったのですが、

レインコート装着から移動までの工程をお話していきます。

雨の日にベース用レインコートを着せて20分自転車に乗ってみた

用意のシーンです。

わりとたっぷりな大きさなので、余裕持ってカバーできます。
385(w) x 1220(H) x 70(D) mm

行ってきます。

雨の中20分自転車をこいで現場到着

現場到着しました。外側は当然濡れてます。

中は…

濡れてません。ベースレインコート、グッジョブ。

使い終わったら

使い終わったら

まるめて

小さくなります。

ケースに入れられます。

Noah'sark Rain Coat NRC-Bass [エレキベースケース用レインコート]

2017年10月20日現在、アマゾンで2280円(送料込・最安値)でした。

Guitarを持ち運ぶ際の天敵"雨"から、あなたの大切な楽器をお守りするために作られたのが、この「Noah'sark Rain Coat」です。ギグケースやギター型ハードケース等にすっぽりとかぶせられる構造となっており、簡単に着脱可能です。さらに取っ手にあたる部分には防水チャックを搭載し、ここからケースの取っ手を取り出して持ち運べます。また「Noah'sark Semi Hard Case」にご使用の際は、カバーしたままでも「Wショルダーベルト」を使用して背負うことが出来ます。ご使用にならない場合は、ケースのポケットに収まるくらいコンパクトに折りたたんで持ち運べます。 BSH(ベース用): 385(w) x 1220(H) x 70(D) mm

以下、商品紹介文はアマゾンから引用です。↑ギターって書いてあるけどベースようです。

いきなり雨!ってときにレインコートってもってないです。

大切な楽器やケースを守る為に、ぜひお勧めです^^

 

各レッスンについて

エレキベース・音楽理論オンラインレッスン

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

 

ウッドベース オンラインレッスン

ウッドベースのオンラインレッスンも行っています。

基礎的な内容から、セッションで演奏できるようになるような実践的な内容まで、幅広くレクチャーさせていただきます!

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

詳細・ご購入はこちら

ツイッター

毎朝7:30に、【朝のワンポイントレッスン】配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

-ベース上達お勧め機材

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.