Cのブルース

Cのブルースのコード進行上でのベースライン

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ベース講師の星野(@jazzbassisttoru)です。

本記事は、

Cのブルースのコード進行上で使えるベースラインで弾いたアプローチを解説した記事になります。

セッションでもよく演奏されるので、ぜひ押さえておきましょう(^^)

Cのブルースのコード進行上で使えるベースライン

ベースラインの解説

ローフレットを中心に3コーラス(12小節✗3周)組み立てました。

テーマは、「ロックっぽくならない」イメージで、全体的にスムーズな流れを意識して構築しています。

工夫したポイントをいくつか解説していきます。

ロック調にならない、ゆるやかで流れのあるベースライン

ウォーキングベース初心者の方では、こうしたアプローチ、やりがちです。

コードトーンもしっかり使えて、悪くないのですが、どこか単調な印象で、こういうアプローチだったらロックのエイトビートの方が合いそうです。

今回は、以下のような、ゆるやかな音符の流れをイメージしてベースラインを作成しました。

こうしたアプローチの方が、ジャズの4ビートにはしっくり来ると思います。

尚、今回のような、ロックとジャズのベースラインの違いは動画で比較してみました。より本文章の内容が伝わると思います。重ねてご参照頂ければ幸いです(^^)

 

 

同じコード進行が何小節も続くときのアプローチ

同じコードが何小節も続くアプローチですが、ジャズではよくある例です。

ここどういうふうにアプローチすればいいか悩まれる方も多いです。

悩めるベーシスト
僕もいつも悩みます。。。

ただ、ここでも「流れ」をしっかり意識しています。

以下の小節0:07〜であれば、

赤マルの位置から赤丸の位置に向かって、流れを構築しているイメージ。

こんなとき、青丸の位置でルートに戻っていると、流れが途切れ、「停滞している感じ」になっちゃうんですね。

なので、このブログでは結構言っていますが、

同じコードが2小節以上続く場合は、毎回第一音目はルートにする必要も無い

ということを、頭の片隅にでも置いておいて頂ければと思います。

悩めるベーシスト
わかりました!!

 

半音進行多めのアプローチ

後半3コーラス目、1−3小節目のアプローチ。

次のコードのルート音めがけて、ひたすら半音でアプローチしています。

このとき、

たとえばC7だったらE♭(マイナー3度)とE(メジャー3度)

たとえばF7だったらA♭(マイナー3度)とA(メジャー3度)

が同じ小節内で進行していることに混同するかもしれません。

 

 

悩めるベーシスト
これでいいのかな?って思います。
ですよね、ジャズ初心者の方は、こうした流れしっくりこないかもしれません。
星野

が、こうしたブルースでは、全然アリ!のアプローチです。

そもそもブルースってメジャーなのかマイナーなのか”どっちなのかハッキリしない良さ”みたいなところがあって、

こうした半音進行の多い”ハッキリしない流れ”であえてラインを構築するケースも多いです。

半音進行の多いアプローチについては、以下のブログでも解説しているのでご参照頂ければ幸いです。

以上、解説となります。

 

譜面、販売しています

今回の【Cのブルース】のコード進行上で使えるベースライン32小節分の譜面を販売しています。

 

¥200 クレジット決済可
以下のページからダウンロードできます。
https://note.com/toru0113/n/nb0e4b7ad1316

オススメ音源

レッド・ガーランドトリオの「GROOVY」というアルバム。

その名の通り、超グルービーです!

このアルバムの、CJAM BLUESのコード進行上で、今回のベースライン使えますので、慣れたら合わせてみるのもいいと思います(^^)

スポンサーリンク

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編無料のメルマガです。

どんなレッスンをやっているのか気になるという方も、ぜひご登録頂けたら嬉しいです(^^)

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

既にメルマガにご登録頂いた方には読んだ文章、ご覧になられた動画もあると思いますが、今まで、アドリブに関連して送った内容をひとまとめにし、内容を整理したものになりますので、

復習がてらもう一回見てみたいって方は、是非ご登録頂けたら嬉しいです^^

メルマガのご登録はこちら

各レッスンについて

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

詳細・ご購入はこちら

ツイッター

毎日ベースに関するツイートしてます(^^)よかったらフォローしてください!

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

-Cのブルース

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.