Cのブルース

Cのブルースのコード進行上でのベースライン

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ベース講師の星野(@jazzbassisttoru)です。

本記事は、

Cのブルースのコード進行上で使えるベースラインで弾いたアプローチを解説した記事になります。

セッションでもよく演奏されるので、ぜひ押さえておきましょう(^^)

Cのブルースのコード進行上で使えるベースライン

この動画で演奏した譜面のpdf版が欲しい方は、星野をLINEで友達追加してください。

公式LINE追加はこちら
https://lin.ee/lWMk8g0

登録していただくと、すぐに特典がふたつ届きます。

ふたつめの特典、LINE お友達追加してくだった方特典
という記事から、「Cのブルースのコード進行上で使えるベースライン」を選択すると、
無料でダウンロードができる
ようになっています

ので、お気軽にご登録ください^^

ベースラインの解説

ローフレットを中心に3コーラス(12小節✗3周)組み立てました。

テーマは、「ロックっぽくならない」イメージで、全体的にスムーズな流れを意識して構築しています。

工夫したポイントをいくつか解説していきます。

ロック調にならない、ゆるやかで流れのあるベースライン

ウォーキングベース初心者の方では、こうしたアプローチ、やりがちです。

コードトーンもしっかり使えて、悪くないのですが、どこか単調な印象で、こういうアプローチだったらロックのエイトビートの方が合いそうです。

今回は、以下のような、ゆるやかな音符の流れをイメージしてベースラインを作成しました。

こうしたアプローチの方が、ジャズの4ビートにはしっくり来ると思います。

尚、今回のような、ロックとジャズのベースラインの違いは動画で比較してみました。より本文章の内容が伝わると思います。重ねてご参照頂ければ幸いです(^^)

 

 

同じコード進行が何小節も続くときのアプローチ

同じコードが何小節も続くアプローチですが、ジャズではよくある例です。

ここどういうふうにアプローチすればいいか悩まれる方も多いです。

悩めるベーシスト
僕もいつも悩みます。。。

ただ、ここでも「流れ」をしっかり意識しています。

以下の小節0:07〜であれば、

赤マルの位置から赤丸の位置に向かって、流れを構築しているイメージ。

こんなとき、青丸の位置でルートに戻っていると、流れが途切れ、「停滞している感じ」になっちゃうんですね。

なので、このブログでは結構言っていますが、

同じコードが2小節以上続く場合は、毎回第一音目はルートにする必要も無い

ということを、頭の片隅にでも置いておいて頂ければと思います。

悩めるベーシスト
わかりました!!

 

半音進行多めのアプローチ

後半3コーラス目、1−3小節目のアプローチ。

次のコードのルート音めがけて、ひたすら半音でアプローチしています。

このとき、

たとえばC7だったらE♭(マイナー3度)とE(メジャー3度)

たとえばF7だったらA♭(マイナー3度)とA(メジャー3度)

が同じ小節内で進行していることに混同するかもしれません。

 

 

悩めるベーシスト
これでいいのかな?って思います。
ですよね、ジャズ初心者の方は、こうした流れしっくりこないかもしれません。
星野

が、こうしたブルースでは、全然アリ!のアプローチです。

そもそもブルースってメジャーなのかマイナーなのか”どっちなのかハッキリしない良さ”みたいなところがあって、

こうした半音進行の多い”ハッキリしない流れ”であえてラインを構築するケースも多いです。

半音進行の多いアプローチについては、以下のブログでも解説しているのでご参照頂ければ幸いです。

以上、解説となります。

オススメ音源

レッド・ガーランドトリオの「GROOVY」というアルバム。

その名の通り、超グルービーです!

このアルバムの、CJAM BLUESのコード進行上で、今回のベースライン使えますので、慣れたら合わせてみるのもいいと思います(^^)

日々の練習のヒントになれば幸いです!

更に、それでもベースラインの組み立て方がわからなかったら…

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ただ、記事や動画だけではわからないという方もいらっしゃると思います。

そうした方には、全国対応のオンラインレッスンがオススメです。

ピンポイントで疑問点に対し明確な回答を得られるので、独学よりも数倍早く知識や技術の定着に繋がります。

ぜひ全国対応のレッスンをご検討ください。

24時間質問し放題!フレックスタイムレッスン

講師と時間を合わせず、好きな時間に練習し、フィードバックを得られるタイプの新感覚レッスンです。

お試し期間の10日間は無料対応中!

フレックスタイムレッスンの詳細はこちら

 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座


いきなりレッスン受けるのはちょっと。。。。という方への無料レッスンです!

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編のメルマガになります。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

メルマガの登録はこちら

電子書籍販売中です

自宅でベースのアドリブソロやベースライン作成
について学びたい方にオススメです!

電子書籍の詳細はこちら

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

お気軽にご登録ください(^^)

ツイッター

毎日ベースの上達に関するお役立ちツイート配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

-Cのブルース

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.