ベースアドリブソロ解説シリーズ

ペンタの形で弾ける?ベースでオルタードフレーズ

更新日:

スポンサーリンク

本記事は、都内でベーシスト、ベース講師として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が、

 

悩めるベーシスト
「オルタード」ってよく聞くけど、難しいし、覚えにくいし、弾いてみたけどよくわかんない

って方に向けた記事です。

もちろん私もそうでした笑

ただ、ジャジーなサウンド、オシャレサウンドを演奏するうえで、「オルタード」はぜひ覚えておきたいワザなんですよね。

今回は、ベースの指板の特性を活かし、「メジャーペンタの形」を活かして、オルタードフレーズを組み立ててみたいと思います。

オルタード・スケールについて

↑この有名なメジャーペンタの形を、オルタードスケールに活かす考え方です。

例えばキーFでこんな進行があったとき、

オルタードスケールはドミナントモーションするC7のコード上で使えます。

この時、オルタードスケールとして使える音は次のとおり。

赤がコードトーン

青がオルタードテンション

です。

ただ、指板で考えると、こんな感じでわかりづらいです汗

 

星野
こんなややこしい運指覚える意味がわかんない

始めた頃はこんなふうに思っていました。

ただ、こんなとき、ちょっと運指が楽になる考え方です。

メジャーペンタでオルタード

この時、C7のコード上の♯11とされる、F#スタートを想定します。

そこからメジャーペンタスケールを考えてみます。

すると、どうでしょう?

オルタードテンションをがっつり含んでいることがわかります。

悩めるベーシスト
あっほんとだ!これなら使えそう!
星野
ですよね?CD♭D#EF#A♭B♭無理して全部使うことないです。こんなふうな楽な運指のやりかたでまず考えて、オルタードのサウンドに慣れるっていうのもひとつの手です。

 

この構造を利用したフレーズ

C7のコードをF♯のペンタの運指に想定し下降するパターン

C7のコードをF♯のペンタの運指に想定し上昇するパターン

Cのオルタードスケールをそのまま"なぞる"よりは操りやすくなったと思います。

上達のヒント

前提として、コードそのものをC7からF#に変換するというわけではなく、あくまで運指をしやすくする考え方です。

この形を弾くときも、あくまで「Cのコードに対して何度の音を使っているのか」

ということを意識して演奏してみるといいでしょう。

ということで、Gm C7 F△7の進行上で、オルタードフレーズを弾いてみました。

実践で使えそうなベースオルタードフレーズ

パターン1・「バイバイブラックバード」などで使えそうな感じ

パターン2・「Fブルース」などで使えそうな感じ

 

譜面はこちらからダウンロードできます。
https://note.mu/toru0113/n/ncd088a2119ba

ぜひ試してみていただけたら嬉しいです。

この記事に関する動画


今週末に更新します!

毎週日曜日朝10時にウォーキングベース、ベーシストのための音楽理論、ベーシストのためのアドリブ演奏に関する教則動画を配信しています。

チャンネル登録して頂くと更新通知が届きますのでぜひ登録してください^^

YOUTUBEチャンネル登録はこちら

更に、それでも音楽理論がわからなかったら…

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ただ、記事や動画だけではわからないという方もいらっしゃると思います。

そうした方には、全国対応のオンラインレッスンがオススメです。

ピンポイントで疑問点に対し明確な回答を得られるので、独学よりも数倍早く知識や技術の定着に繋がります。

ぜひ全国対応のレッスンをご検討ください。

ベースのオンラインレッスン

エレキベース・音楽理論オンラインレッスン

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

 

ウッドベース オンラインレッスン

ウッドベースのオンラインレッスンも行っています。

基礎的な内容から、セッションで演奏できるようになるような実践的な内容まで、幅広くレクチャーさせていただきます!

 

新感覚!フレックスタイムレッスン

講師と時間を合わせず、好きな時間に練習し、フィードバックを得られるタイプの新感覚レッスンです。

フレックスタイムレッスンの詳細はこちら

 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座


いきなりレッスン受けるのはちょっと。。。。という方への無料レッスンです!

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編のメルマガになります。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

メルマガの登録はこちら

電子書籍販売中です

自宅でベースのアドリブソロやベースライン作成
について学びたい方にオススメです!

電子書籍の詳細はこちら

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

お気軽にご登録ください(^^)

ツイッター

毎日ベースの上達に関するお役立ちツイート配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

-ベースアドリブソロ解説シリーズ

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.