コードとは?

ベースの「コード」とは一体何なのか?(ルート一覧表あり)

更新日:

スポンサーリンク

C△7とかDm7とか、一体何なのか?

ドレミファソラシドと何が違うのか?

コードって何なのか?

ベースでもコードを弾く必要があるのか?

など、べースプレイヤーの、コードへの解釈のしかたを、一切難しい言葉を使わずにまとめてみました。

本記事の内容

本記事は、都内でベース奏者、指導者として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が

・コードって何?って思われてる方
・コードってなんとなく知ってるけど理屈を知りたい方
・ベーシストとしてコードに対応したい方
・これから音楽理論を学んでいきたいという方

に向けた記事になります。

CとかDとかEとか何!?

 

まず、CとかDとかEとかなんなのかということですが、これは

ドレミファソラシドの「別の呼び方」

です。

ピアノには、ドレミファソラシドがありますが、

ロックやポピュラーミュージックを演奏する場合、

ドレミファソラシドのことをこんなふうに呼ぶケースがあります。

C=ド
D=レ
E=ミ
F=ファ
G=ソ
A=ラ
B=シ

です。

同じようにベースにもドレミファソラシドがあり、

同じようにアルファベットで表記します。

 

ドレミファソラシドでもCDEFGABCどっちで覚えても正解

なのですが、

ベースの場合、CDEFGABCのアルファベットで覚えることが一般的なので、

そういうもんだ

と思っていただければいいです。

さて、ここからコードの話です。

 

C△7とかDm7とか、この記号は一体何?

先に説明したCとかDとかのアルファベットの

右側に△とか△7とかdimとかをつけたもの

がコードです。

世の中のほとんどの音楽は、

以下のようなひとつだけの音(単音)

でなく、

以下のような重なり合った音(和音)と合わせることでできています。

こっちのほうが音楽っぽい感じしませんか?

で、この和音で使われている音は、こういった音なのですが

 

 

と、いっぱいアルファベットが重なり合って覚えにくいので、コードをつけています。

C△7とかG7とか、この記号があるとこの音が使えるんですよ

と、定義したものがコードになります。

 

コードが書いてあったときにベーシストはどうすればいいか

悩めるベーシスト
あの、理論はなんとなくわかったけど、ベーシストってピアノみたいに和音とかあんまり弾かないですよね。そういうときどうすればいいんですか?
そのとおりです。ここからは、コードが書いてあったときのベーシストの対応のしかたを説明していきます!
星野

コードは世の中に無数にあります。

しかし、無限にあるこれらの記号を、ベーシスト視点でササっと解釈する方法があります。

左側のアルファベットの部分に注目です。

 

赤文字で書いた部分です。

ベーシストがコードに沿って演奏する場合、この赤文字の部分を弾いてあげると、楽曲を音楽として成り立たせやすくなります。

 

と記載があった場合、ベーシストはこの

Cの音(3弦3フレット)

 
Dの音(2弦開放弦)

を弾けば楽曲として成り立ちます。

 

コード解釈・例1

C△7
Dm7
F△7
G7

とあります。

 

※↑ベース音は入ってません。ギターとドラムだけ。

スポンサーリンク

 

上の譜面の場合、以下のようにC、D、F、Gの音を入れると、音楽として成り立たせることができます。

あわせると↓こんな感じになります。

 

”ルート音”を理解しよう

C△7
Dm7
F△7
G7

など

太字で書いた左側のアルファベットのことを、「ルート音」といいます。

ルート音に伴ってベースを弾くことを、”ルートを弾く”、”ルート弾き”と言います。

例外もありますが、ベースがコードに沿って演奏するとなった場合、場合、まずはコードを見てこのルート音を弾けることが重要です。

 

 

コード解釈まとめ

C【】←枠内は△7、m7、dim、など

D【】←枠内は△7、m7、dim、など

E♭【】←枠内は△7、m7、dim、など

と記載があった場合、右側の符号に関係無く左側のアルファベット(ルート音)に応じて音を鳴らすことをルート弾きといいます。

ベースで、「コードどおり弾いて」といわれたら、ルート弾きをすれば、楽曲を音楽として成り立たせることが出来ます。

 

 

ルート一覧表

開放弦から4フレットまでのルート音です。

F弾いて―といわれたら2弦の3フレットか4弦の1フレットが弾けるように、
B♭弾いて―といわれたら1弦の3フレットか3弦の1フレットがすんなり弾けるように

この表を覚えてしまいましょう。

譜面は以下から無料ダウンロードできます。
https://note.mu/toru0113/n/n91cc657c5e21

※クリエイターサポート(投げ銭)にご協力頂けると嬉しいです^

コードに沿ってルート弾きしてみました

最後に、コードに沿ってルート弾きしてみた参考演奏です。

※この譜面は00:00〜00:17までです。ご参考頂ければ幸いです

 

 

譜面は以下から無料ダウンロードできます。
https://note.mu/toru0113/n/n91cc657c5e21

※クリエイターサポート(投げ銭)にご協力頂けると嬉しいです^^

 

本記事が皆様の日々の練習にお役立て頂ければ嬉しいです!

ベーシストのための音楽理論まとめ

・コードトーンとベースラインの作り方
・ダイアトニックコード
・楽曲分析(アナライズ)
・ツーファイブワンとトニック・ドミナント・サブドミナント
・スケールと、チャーチモード(イドフリミエロ)について

などのまとめ記事です。かんたんに理解できるものではないので、ぜひブックマークしていただき、お時間ある際にじっくりお読みいただきたいです^^

この記事に関する動画

文章じゃわからん!って方はごらんください^^

ウォーキングベース、ベーシストのための音楽理論、ベーシストのためのアドリブ演奏に関する教則動画を定期配信しています。

チャンネル登録して頂くと更新通知が届きますのでぜひ登録してください^^

YOUTUBEチャンネル登録はこちら

各レッスンについて

■音楽教本のサポートセンター(単発30分で1回からOk)■

せっかく作曲やアドリブをがんばろうと教則本や理論書を買ったのに、なんちゃらコードとか、なんちゃらスケールとか、専門用語だらけですぐ挫折。。。

なんてことはないでしょうか。

そんな方向けにそんな方を対象に、お持ちの音楽理論書を理解できるまで解説するサポートセンターをはじめました。

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ツイッター

「今日から使えるベースフレーズ」ツイッターとで毎日配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

-コードとは?
-,

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.