ベースの「コード」とは一体何なのか?(ルート一覧表あり)


スポンサーリンク

C△7とかDm7とか、一体何なのか?

ドレミファソラシドと何が違うのか?

コードって何なのか?

ベースでもコードを弾く必要があるのか?

など、べースプレイヤーの、コードへの解釈のしかたを、一切難しい言葉を使わずにまとめてみました。

C△7とかDm7とか、この記号は一体何?コードへの理解

C△7とかDm7とかE♭mとかFdimとかG7とかA#△7とか…

記号だけなら無限にあります。

しかし、無限にあるこれらの記号を、ベーシスト視点でササっと解釈する方法があります。

左側のアルファベットの部分に注目です。

C△7
Dm7

の、左側の部分

C△7
Dm7

赤文字で書いた部分です。

E♭m
Fdim
G7
A#△7

とあれば

E♭m
Fdim
G7
A#△7

です。(シャープとかフラットとかも含めます。)

これらの複雑な記号は、音楽の中で、主に楽譜で使われます。

C△7
Dm7

と記載があった場合、ベーシストはこの

Cの音(3弦3フレット)
Dの音(2弦開放弦)

を弾けば楽曲として成り立ちます。

 

コード解釈・例1

C△7
Dm7
F△7
G7

とあります。

1

※↑ベース音は入ってません。

 

上の譜面の場合、以下のようにC、D、F、Gの音を入れると、音楽として成り立たせることができます。

sibu

あわせると↓こんな感じになります。

 

コード解釈・例2

C△7
Dm7
F△7
G7

のうち3つのコードの左側の符号

C△7
Dm7
F△7
G7

Cm7
Dm7
Fm7
Gm7

に変えてみました。響きが少し違う感じがします。

mainaa

ここに、例1と同じ以下のベースラインを入れましたが

sibu

以下のように、和音が異なってもサウンドは成り立ちます。

ルート音

C△7
Dm7
F△7
G7

Cm7
Dm7
Fm7
Gm7

太字で書いた左側のアルファベットのことを、「ルート音」といいます。

ルート音に伴ってベースを弾くことを、”ルートを弾く”、”ルート弾き”と言います。

 

コード解釈まとめ

C【】←枠内は△7、m7、dim、など

D【】←枠内は△7、m7、dim、など

E♭【】←枠内は△7、m7、dim、など

と記載があった場合、右側の符号に関係無く左側のアルファベット(ルート音)に応じて音を鳴らすことをルート弾きといいます。

ベースで、「コードどおり弾いて」といわれたら、ルート弾きをすれば、楽曲を音楽として成り立たせることが出来ます。

basslesson.toruhoshino.com

 

ルート一覧表

開放弦から4フレットまでのルート音です。

A

F弾いて―といわれたら2弦の3フレットか4弦の1フレットが弾けるように、
B♭弾いて―といわれたら1弦の3フレットか3弦の1フレットがすんなり弾けるように

この表を覚えてしまいましょう。

 

コード理論お勧め教則本

 

「わかりやすく解説しよう」という姿勢が伝わってくる理論書で、初心者の頃、唯一最後までがんばって読んだ理論書です。

ベーシストだけでなく、全ての楽器プレイヤーに対応しています。

絶対わかる!コード理論(1) 基本はドレミファソラシド [新装版]

新品価格
¥1,944から
(2016/3/9 11:21時点)

ほか、質問受付中です!

ベースとコードの関係性はちょっと複雑ですが、慣れてくると譜面パッと見で使いこなすことが出来、音楽がより楽しくなります!質問があれば、受け付けております!

 

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。