超かんたんなウォーキングベースラインの作り方!


スポンサーリンク

ウォーキングベースには大きく分けて2パターンあります。2ビートと4ビートです。

2ビート

4ビート

今回は4ビートのウォーキングベースの作り方をご紹介します。

4ビートのウォーキングベースライン

30秒だけご覧ください。

このように1小説の中に音符が4つあるのが4ビートです。ジャズなどでよく使われます。

 

簡単に4ビートを作る方法

めちゃくちゃ簡単に4ビートのラインを作る方法がこちら↓

1つ目の音符=その小説のコードのルート音

2つ目の音符=その小説のコードの3度の音

3つ目の音符=その小説のコードの5度の音

4つ目の音符=次の小説のコードのルートの半音上か半音下の音

楽譜にすると

Gm

弾いてみます。

これだけで、「ぽさ」は出ます。

 

解説:4ビートのウォーキングベースラインを作るコツ

ラーメンを例に挙げます。

RA

 

1音目はスープ

Gme9d4ecf2

1つ目の音符でその小説のコードのルート音を弾くことによって、その小説の”土台”を作り上げます。ラーメンでいう、味を完全に左右する、スープの部分です。

 

2、3音目は、麺と具

SA (2)

MENN GU2

2つ目の音符と3つ目の音符でその小説の3度5度を弾くことで、その小説の”土台”に”表情”を加えます。ラーメンでいう、具や麺の部類です。

 

ここがポイント!4つ目はスパイス!

SA (3)

KOSYO次のルート音に半音進行する音の動きが、「オシャレっぽさ」や「アンニュイさ」といった”スパイス”を加えてくれます。ラーメンでいう、コショーや薬味的な役割です。

中東や東南アジアの料理なんかは、ハーブやパクチーのような、ちょっとしたスパイスで料理の味が変わります。最後の半音進行は、そのくらい舌触りを左右します。

 

まとめます。4ビートのウォーキングベースラインの作り方。

1つ目の音符=その小説のコードのルート音(ラーメンのスープ)
2つ目の音符=その小説のコードの3度の音(麺)
3つ目の音符=その小説のコードの5度の音(具)
4つ目の音符=次の小説のコードのルートの半音上か半音下の音(ラーメンのスパイス)

更にランランク上のベースラインの作り方
ロックっぽいベースラインをジャズっぽいベースラインにする方法↓
http://basslesson.toruhoshino.com/rock%E2%86%92jazz/

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

超かんたんなウォーキングベースラインの作り方!” へのコメントが 2 点あります

  1. とても面白い理論ですね。ラーメン好きなので、よくわかりました。
    今日帰って練習してみます。
    ありがとうございました。

  2. とっしーさん

    ありがとうございます!コメントめっちゃ励みになります^^

    わからないことなどもありましたら、遠慮無く書き込んでくださいね!

    ベース講師星野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。