ベースブログほぼ毎日更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんウォーキングベース作成講座!

超かんたんなウォーキングベースラインの作り方!

ウォーキングベースには2ビートや4ビートがあります

2ビート

4ビート

今回は4ビートのウォーキングベースの作り方をご紹介します。

4ビートのウォーキングベースライン

30秒だけご覧ください。

このように1小節の中に音符が4つあるのが4ビートです。

ジャズなどでよく使われます。

 

簡単に4ビートを作る方法

めちゃくちゃ簡単に4ビートのラインを作る方法がこちら↓

1つ目の音符=その小節のコードのルート音

2つ目の音符=その小節のコードの3度の音

3つ目の音符=その小節のコードの5度の音

4つ目の音符=次の小節のコードのルートの半音上か半音下の音

楽譜にすると

弾いてみます。

 

 

 

これだけで、「ぽさ」は出ます。

 

ウォーキングベースってこんなふうにできている!

突然ですが、ラーメンを例に挙げます

RA

 

1音目はスープ

e9d4ecf2

 

1つ目の音符でその小説のコードのルート音を弾くことによって、その小説の”土台”を作り上げます。

ラーメンでいう、味を完全に左右する、スープの部分です。

 

 

2、3音目は、麺と具

2つ目の音符と3つ目の音符でそのコードの3度5度を弾くことで、コードの”土台”に”表情”を加えます。

ラーメンでいう、具や麺の部類です。

 

ここがポイント!4つ目はスパイス!

KOSYO

次のルート音に半音進行する音の動き。

「経過音」といいますが、これが「オシャレっぽさ」や「アンニュイさ」といった”スパイス”を加えてくれます。

ラーメンでいう、コショーや薬味的な役割です。

中東や東南アジアの料理なんかは、ハーブやパクチーのような、ちょっとしたスパイスで料理の味が変わります。

最後の半音進行は、そのくらい舌触りを左右します。

 

まとめます。4ビートのウォーキングベースラインの作り方。

1つ目の音符=その小節のコードのルート音(ラーメンのスープ)
2つ目の音符=その小節のコードの3度の音(麺)
3つ目の音符=その小節のコードの5度の音(具)
4つ目の音符=次の小節のコードのルートの半音上か半音下の音(ラーメンのスパイス)

という組み立て方で、けっこういい感じになります。

ただ、ここまでは、ものすごくざっくりな説明になりますので、

より理論的に解釈されたい方は、以下お時間ある時に読まれてみてください。


即興でウォーキングベースラインを弾けるようになるベースラインの組み立て方」

→こちらページから読めます

 

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

更新日:


  1. とっしー より:

    とても面白い理論ですね。ラーメン好きなので、よくわかりました。
    今日帰って練習してみます。
    ありがとうございました。

  2. TORU HOSHINO より:

    とっしーさん

    ありがとうございます!コメントめっちゃ励みになります^^

    わからないことなどもありましたら、遠慮無く書き込んでくださいね!

    ベース講師星野

  3. れご より:

    ずっとずっとわからなかったことが、このサイトで紐解けました。これから帰ってベースを触りたいと思います。これからわからない事が沢山出てくると思いますが、星野さんを頼りに、これからも続けて行きたいとおもいます

  4. TORU HOSHINO より:

    れごさま

    とっても嬉しいコメントありがとうございます!今後も2日に1度の更新がんばって続けていきますので、よろしくお願いします^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.