趣味も習い事もウォーキングベースも、おもしろいと思えるまで3か月!【3日3ヶ月3年より】


スポンサーリンク

「だいたいどのくらいで、おもしろくなりますか?」

「だいたいどのくらいで上達しますか?」

体験レッスンの時に聞かれます。「まずは3か月が肝心」と答えます。

何事も、おもしろくなるまでは最低3か月。3日3ヶ月3年(みつきみっかさんねん)の原理に基づくと考えています。 

おもしろくなるまで3か月

 
初心者の方が、何かをはじめてから、はじめて次のステップが見えてくるまで、だいたい3か月が目安と考えます。

たとえばクロマチックスケール。ちゃんと音が鳴るようになるかは個人差がありますが、運指やサスティーン、リズムに対しての注意が働くので、3か月やると、初心者の方にも”ベースの身体”が身についてきます。

セッションに通っていはじめたときもそうでした。はじめは何もわかりません。

ただ家で丸暗記したブルースのベースラインを弾いてただけでしたが、徐々に周りの音が聴けるようになり、次の課題曲にうつっていいと師匠にいわれたのも3か月目だったと思います。 

人間関係も3か月

 
おもしろいと思えるようになると、顔がイキイキしてきます。

顔がイキイキすれば、人も集まってきます。また、レッスンを3か月くらい受けると、発表会の話もきます。他の生徒さんや先生との人間関係も形成されてきて、それが、「おもしろい」になります。

たびたびセッションを例に出しますが、最初の3か月くらいは、何もできないし、知らない人ばかりだし、おもしろいとは思えないことも多かったですが、何もできないし、知らない人ばかりだということを共感できる人がだんだん周りに出来てきました。

おもしろく感じるようになってきました。

basslesson.toruhoshino.com 

3か月単位で成長

 
はじめの1年目は、真剣に取り組めば取り組むほど、3か月って大きな節目だと考えます。ある生徒さんの例です。学生で、部活をやりながら空いた時間に練習し、少しづつステップアップしています。

1 

スポンサーリンク

3日3ヶ月3年に基づいて

 
趣味も習い事もウォーキングベースも、3日3ヶ月3年(みつきみっかさんねん)に基づくという考えです。

何事も三日我慢すれば三月もち 、三月辛抱すれば三年耐えられるという、修業に際しての精神論として語られるとのことといわれています。

この期間中にものごとが続かなければ、それを続けるのは難しいのではないかと思います。私の場合、ジョギングがそうです。今まで20回くらい挑戦しましたが、1か月以上続くことはありませんでした。さすがにもう諦めました。ジム通いもしましたが、2か月くらいで終わりました。

逆に、自転車は3か月続いたので継続中です。今ちょうど1年半くらい、週に2日ほどロングランします。ジャズは3年続いたのでアメリカに行きました。3日3ヶ月3年の言葉を昔から知っていたので、3年やれば一生やれるのではないかと当時から思っていました。

現在7年くらいジャズのベースを弾いています。続けていくのは、環境とエネルギーが必要ですが、ここまで続いたので、いずれもしかしたら何か不測の事態で休むようなことがあったとしても、またそれなりに自分で環境を整え、続けていくものだろうなと思っています。

 
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

9月27日・東京代々木のお洒落なワインバー、Wさんで自主企画のジャズライブを行います。
現在予約受付中。お席に限りがございます。お早めに^^⇒詳細はこちら

【編集後記】

部屋にコオロギが居ました。

ギー・ギーとコオロギの鳴き声で起こされました。新潟の田舎でもこんなこと無かったです。

ってか、まだ8月30日なんですけどね。残暑の気配すら感じないですね~、東京の8月最後の日曜日の朝。

⇒筆者の演奏スケジュール・8月28日更新です!

infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。