ギターとベースの違いって何?味噌汁に例えてみました。


スポンサーリンク

ギターとベースって何が違うんですか?というご質問を頂きました。

原点に帰って、説明します。

ギターとベースの違い

 
IMG_1030

ギター(写真右側)

・弦が6本
・和音を鳴らせる
・音が高い

ベース(写真左側)

・弦が4本
・単音弾き
・音が低い

です。

形が似ているから何が違うかわからないんですよね。実際の音を聴いてみましょう。
 

ギターの音とベースの音

 
・ギターの音

弦が6本で、和音を鳴らせて、音が高いです。
※すいませんまた動画勝手に借りました^^;「やめろー」って場合、ご一報ください。

・ベースの音

↑私です。

弦が4本で、和音を鳴らさない、そして音が低い。
 

和音って?

 
「音が和になっている」ってことで、沢山の音が鳴っているから、「和音」。←こっちがギター

対し、単一の音しか出ないということで、「単音」←こっちがベース。

一見、和音の方が華やかで目立ちそうですが、両方とも重要な役割を担っています。

実際のバンド・サウンドの曲でみてみましょう。
 

バンドサウンドにおけるギターとベースの役割を味噌汁に例えてみた

 

1565953i

突然ですが、味噌汁は、味噌を解いた水と出汁と具で成り立っていますね。

味噌を解いた水と出汁だけでも飲むことはできますけど、

味噌を解いた水と具だけでは飲めないですね。

こんな音源があります。

ベースとギターを抜いてしまいます。

これは、ドラムだけですね。

ではギターとドラムだけの演奏。

なんか、スカスカじゃないですか?これは、味噌汁でいう、味噌を解いた水と具だけのもの。

ではベースとドラムだけの演奏。

スカスカではありませんが、味気ない。これは、味噌汁でいう、味噌を解いた水と出汁のもの。

この音源の場合

ギター…具
ベース…出汁
ドラム…味噌を解いた水

です。

これらが上手く調和することで、

こういったバランスのいいサウンドに仕上がります。

 

ギターとベース、形は違うけど、これだけ役割が違います。

ここで紹介した例は一般例だし、和音を弾くから難しい、単音だから簡単というわけではなく、どちらも探求すればするほど奥が深い楽器です。

ジャズ・ベースが専門ですが、ロックやポップスなど、様々なジャンルの指導を行っています。

ベースをやってみたい><っていう方は、ご相談下さい^^

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

自慢します。

IMG_1027

女子高生の生徒さんに、「少し遅れたけど、はい。」と、バレンタインの手作りチョコ?スコーン?

を頂きました。

生きていてよかったです^^

⇒筆者の演奏スケジュール・2月15日更新です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。