ゴーストノートを入れて、ウォーキングベースラインの躍動感をアップさせるちょっとしたウラ技


スポンサーリンク

ほんのちょっとゴーストノートを入れるだけで、躍動感が増します。

ゴーストノートを入れたウォーキングベース

以下が通常のウォーキングベース。

通常

以下が、ゴーストノートを入れたウォーキングベース。

変更後

もし聴き取れない場合、YouTubeの右下の歯車の部分をクリックすると、速さを下げて聴くことができます。

12

「ちゃんと鳴ってない音」を感じられたでしょうか。

ゴーストノートの音の出し方

ゴーストノートの出し方は幾つかありますが、私は以下のように弾いています。

はじめは中指で弦をピッキング

11146537_906122309429026_6955687720419504264_n

その後、人差し指でストローク、その際に、若干弦を浮かせ、一瞬完全にサスティーン(音の伸び)を殺しています。

11168032_906122306095693_8349337475837398301_n

スロー再生版です。

ゴーストノートのニュアンスは、生音ではわかりにくいので、是非アンプを使って、「ツク」とか「ポッ」のニュアンスを感じ取って下さい。

ウォーキングベースにおけるゴーストノートの効果

ゴーストノート」とは、音程が不明瞭な音の事です。

ベースだと、「ボン」でなく、「ツク」とか「ポッ」といったニュアンスでしょうか。スラップ奏法などでよく使われます。

全てのフレーズを、完璧に鳴らす必要はありません。弦をミュートし、要所要所にゴーストノートを入れる事で、サウンドに躍動感を持たせることが出来ます。

スポンサーリンク

以下、フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンなどで使われるベースライン。

・ゴーストノート入れてないパターン

・ゴーストノートを入れたパターン

違いを感じ取れたでしょうか。ウォーキングベース作成に慣れてきたら、是非挑戦してみてほしいです^^

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。