そもそも”グルーヴ”って何ですか?


スポンサーリンク

「あのプレイヤーのグルーヴ感は凄い」

「もっとサウンドのグルーヴを意識して」

とかよくいいますけど、そもそもグルーヴって何でしょうか。

グルーヴってどういうもの?

グルーヴ(groove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィー(groovy)。ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源はレコード盤の針溝を指す言葉[要出典]で、波、うねりの感じからジャズ、レゲエ、ソウルなどブラックミュージックの音楽・演奏を表現する言葉に転じた言葉である。現在は、素晴らしい演奏を表す言葉の1つとして、ポピュラー音楽全般で用いられる。

グルーヴを構成する要素としてはリズムやテンポ、シンコペーション、アーティキュレーションなどが挙げられ、主にリズム体(ベース、ドラムス、パーカッションなど)を対象とした概念である(例:グルーヴィーなドラミング、など)。「ノリ」(乗り)を表す言葉である。ジャンルによって感じるグルーヴは様々で、グルーヴ感の会得は、演奏者にとって必要不可欠な要素のひとつで…(以下略)

wikiぺディアより引用。

「具体的な定義は決まっていない」とありますので、簡単にいえば「グルーヴっていう言葉が世にあるけど、別に捉え方は人それぞれ違うよ」という事ですね。

このラーメンは美味しい、美味しくない。

あの人は美人だ、美人ではない。

と一緒か。

 

筆者が考える、グルーヴとは

「グルーヴ」とは、

ほんの少しの”ズレ”から生まれたサウンドが一定間隔で共鳴するもの

と私は考えます。

たとえば、

こんな曲があります。

Aメロのリズムパート(ドラムベース)けをピックアップし、デモ音源にしました。

当然ですが、本物の演奏とは異なります。何が違うかというところで、「人間と機械が演奏しているところ」です。

機械のプレイは正確で、0コンマ1秒の寸分の狂いもありません。しかし動画は、いくら世界のレッドホットチリペッパーズであろうと人間なので、0コンマ1秒の寸分の狂いが無いわけではなく、0.00何秒の微妙なズレが生じています。

そのズレが一定間隔で続くことで、空気に見えない波動が生まれ、聴いている側、演奏者が気持ちよくなる感覚が、グルーヴというものと、私は考えます。

 

ウォーキングベースとグルーブ

ロック系の音楽は、バスドラムの0.何秒若干後ろにベースの音を置く

対し、

ジャズ系のウォーキングベースはドラムより前でリズムを出し、リズムをキープする。

そう捉えています。

ゼロコンマの世界なのでわかりにくいですが、リズムのとり方は違います。

各指導者の方によってもちろん指導の方法は異なると思いますが、ロック系やジャズ、ブラックミュージックなどの音楽で、「ドラムとカッチリ、きっちり一切ズレがないように合わせて」といった指導は、あまり聞きません。

ほんの少しの”ズレ”から生まれたサウンドが一定間隔で共鳴するもの。グルーヴとは少し異なりますが、合唱や手拍子なども、完全にタイミングが合っていれば、複数の音には聞こえないはずです。まさに、機械には出来ない、人間の集合体がつくり上げることができるリズムの形が、”グルーブ”と考えます。

べーす
sukaipu

■□■□■□震災の募金について■□■□■□

震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。

↓Tポイント募金

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

↓楽天クレジットカード募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ライブのお知らせ!明日です!

6/1(水)上野Every Swing
START/19:30~ CHARGE/¥1500
W/IZUMI(VO) 菅沢卓司(P)

前半はライブ、後半はお客さん参加型のジャムセッションです!

ヴォーカルのIZUMIさんは初顔合わせ、初共演。どうなることやら。後半はセッションもやってますので、飛び入りのご参加大歓迎です^^

⇒筆者の演奏スケジュール・5月23日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。