ジャズ・スタンダード 星に願いを(When wish upon a star)

「星に願いを(When wish upon a star)」のベースラインと、バラードで使えるフレーズ【スコア・タブ譜付き】

投稿日:

スポンサーリンク

星に願いを(When wish upon a star)のベースラインを弾きました。

バラード演奏で使えそうなワンポイントフレーズものせました。

星に願いを(When wish upon a star)のベースライン

スコアはこちらからダウンロード出来ます。

基本はルート弾きが多く、サスティーンをたっぷり出すイメージです。

遅いテンポの曲なので、いろいろ動きたくなることもあるのですが、楽曲の雰囲気を壊さず、メロディを生かすことを心がけました。

しかし、ところどころでワザも入れてますのでご紹介していきます。

星に願いを ベースラインの中で入れたワザ

メロディのないところで動く

例えば、10小節目の16分音符の動きなどがそうです。

主旋律のメロディのサスティーンが終わったあたりから動いています。

こんなふうにすると、メロディの邪魔をせずに、ベースラインの動いてる感じを目立たせることができます。

ハーモニクスを入れる

セクションA 15小節目でDのルートをオクターブのハーモニクス

セクションB 2小節目でピッキングハーモニクスを

"効果音"というイメージで入れてます。

ミディアムテンポの曲ではこういうところは目立たせにくいので、バラードであり空間系の感じが強いこの曲ならではのワザです。

和音を使う

ベースで和音やってみました。

セクションB 5小節目で、Amのコードトーンの和音。

セクションB 8小節目で、G7のルートに対して1度と13thの和音。

セクションC 5、6小節目で連続する二分音符の和音

をそれぞれ弾きました。

ベースで和音もふだんあまりやらないテクです。

で、3,4弦の和音は音がボワボワしちゃうので、できるだけ、1、2弦を絡めた和音にしました。

いずれの小技もやりすぎはしつこいですが、あくまで曲が持ってる雰囲気を壊さないように、「ルートのみ」からワンランクアップされてみたい方は、こうしたワザ、取り入れてみてもいいかもしれません。

ご参考になれば幸いです^_^

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ブログはそろそろオワコンで、これからは動画の時代!って声もありますけど、業種によると思います。

実際僕も動画コンテンツ増やしてるけど、このテのジャンルは、テキストと図解はまだまだ残ってくんじゃないかなって思ってるんですけどね。

ってことで、当ブログもまる四年w 3月から5年目です!たんたんと続けます^^

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

-ジャズ・スタンダード, 星に願いを(When wish upon a star)

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.