いつかは目標にしたい、ベースでユニゾンするとめちゃめちゃかっこいい曲(ジャズ編)


スポンサーリンク

ベースで他のパートとユニゾンすると、めちゃくちゃキマる曲があります。

うまくキメれば、拍手喝采間違いなし。いつかやってみたい曲をいくつかピックアップしました。

ベースでユニゾンするとキまる曲

 

「スペイン」チック・コリア


エレキ・ベースの素晴らしいカバーがあったので掲載させていただきました。

ジャズからラテンからロックのアーティストにまでカヴァーされている名曲です。

『スペイン』(”Spain” )は、1972年にチック・コリアが作曲し、彼のバンドのリターン・トゥ・フォーエヴァーの作品として発表されたジャズ楽曲である。アルバム『Light as a Feather』に収録されている。wikiより

Light As a Feather

新品価格
¥879から
(2015/10/5 10:54時点)

「ドナ・リー」チャーリー・パーカー

チャーリー・パーカーの作曲ですが、ベーステイクだと、パーカッションとフレットレスベースだけで演奏したジャコ・パストリアスのテイクが有名です。

2015年やってみましたが、不本意だったので消しました。今年(2016年)もういっかい挑戦します。

 

 

「オーニソロジー」チャーリー・パーカー

 

Ornithology

新品価格
¥1,348から
(2015/10/5 10:58時点)

チャーリーパーカーのジャズは、「ビバップ」と呼ばれています。

たとえば、小説にC△7と書いてあれば、Cメジャー・スケール(ドレミファソラシド)が使えますが、C#の音やD#の音や、とにかくなんでもアドリブにぶっ込んできます。

理論がどうのというよりは、世間が最初に「ジャズっぽい響き」と位置づけたのが、このチャーリーパーカーであると考えます。

その為、「ジャズやるなら、まず、とりあえずパーカー聴いとけ

と口酸っぱくいわれました。7月に共演させていただいたイタリアのピアニスト、ファウスト・フェライウオロも、ビバップの大切さを話していました。

「パンクやるならピストルズとラモーンズ聴いとけ」みたいなノリでしょうか。

因みに、「ドナ・リー」含め、以下の曲も、「ビバップ」として位置づけられることが多いです。

・Au Privave(Charlie Parker)
・Anthoropology(Charlie Parker)
・Confirmation(Charlie Parker)
・Celia(Bud Powell)

ベースとギターのユニゾンで弾いてみた

ベースとギターのユニゾンでビバップの曲を弾いてみました。タイトルは、そのまま、「Be-Bop」。チャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーのテイクが有名です。

ギター・ベースデュオで演奏してみました。冒頭からガッツリユニゾンです。

難しかったです汗(ギター下梶谷雅人)

「ベースだから速いの弾けないって言い訳はしたくないけど、やっぱりウッドだときついんだよねえ」

「いやいや、ベースで弾くのは相当難しいですよ」

なんて会話をしたことを覚えています。

ここに挙げた曲達も、いつかはジョン・パティトゥッチみたいな涼し気な顔で弾きたいです。

べーす

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

sasas

今台湾に居ます。台北です。

師大通り?ってあたりかな。夜市が有名な街だそうです。

夜市は3分でお腹いっぱいになりました^^;

その後、市政府駅周辺の、昨日はブラウンシュガーというジャズクラブに行き、ビールを飲んで就寝。

8日まで滞在予定です。

⇒著者の演奏スケジュール・9月20日更新です!

にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。