ベースブログほぼ毎日更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんウォーキングベース作成講座!

ベースソロ 理論関連 音使いについて

覚えた251フレーズをちょっとアレンジして他の楽曲で応用する方法

投稿日:

スポンサーリンク

ご質問を頂きましたので回答させて頂きます。

解決しない7thコード(例えばF7で、その後にB♭が来ない場合)では251フレーズはまったく使えないのでしょうか?

というご質問です。

これはケースバイケースなので、いろいろな進行を交えて解説します。

ご質問の内容を整理

 

 

 

上のフレーズは、

Cm7→F7→B♭△7という2→5→1の進行のときの進行です。

このときコードが

F7→B♭△7 

というドミナント→トニックでなく、

F7→別のコード

に進行していたら、覚えた251のフレーズは使えないのかという意味です。

詳しく説明します。

解説1 2→5→3→6(循環進行)のケース

Cm7→F7→B♭△7という2→5→1の進行を

Cm7→F7→Dm7→G7

という2→5→3→6の進行に変化させた場合です。

もともとB♭△7のコードトーンの3度の音であるDに向かっていた進行が

B♭△7→Dm7に変更したことで

Dm7のコードトーンのルートの音であるDに向かって進んでいることになります。

ですから、サウンドに違和感はないと思います。

2・2→5→のあとのコードがトニックや循環ではないケース

Cm7→F7→Cm7→F7

という進行。「MORITAT」の3−6小節目がこんな感じですね。

変ではないかもしれないですが、3小節目、Cm7のナインスの音であるDの音(テンションコード)へのロングトーン解決です。

意図してやっているのならいいですが、ちょっと浮いている感じもしますよね。こんなときは、もとのフレーズを生かしながら、部分的に音を変えてみますね。

たとえば、こんなふうに、部分的に変えてあげました。3小節目のはじめの音がDの音になっていたのを、Cm7のコードトーンであるE♭をターゲットとして組み立てました。

うーん。理論的には悪くないけど、もう少し変えられないかな。

ってことで、

F7のところの音を、少しいじってみました。

スポンサーリンク

1コ前のフレーズよりも自然に流れている感じがしませんか。

トニックが変わってたら、フレーズは変えていい

このように、ある教則本に掲載されている251フレーズを覚えたとして、

そのフレーズを使いたいときに「1」であるトニックのコードが楽曲によって異なっていることがあります。

Cm7→F7→B♭△7のフレーズを覚えたけど

Cm7→F7→Dm7→G7ってなってたり(循環)

Cm7→F7→Cm7→F7ってなってたり(MORITAT)

Cm7→F7→Fm7→B♭7ってなってたり(stella by starlight 3-6小節目)

そんなとき、せっかく覚えたフレーズが全く使えないということはないけもしれませんが、そのままあてはめるとちょっと浮いた感じになっちゃうこともあります。

なので、今回のようにもとのフレーズを生かしながらアレンジしてみることもお勧めです。

いろいろな音使いを試してみてください^^

日々の練習の参考になれば幸いです。

その他ウォーキングベースやソロの作成方法、練習のやり方、ライブの心構え、ご感想など、お気軽にご質問ください。

ブログでお答えさせていただきます(^^)

 

↓ご質問はこちらから↓

 

 

 

ワンランク上のFブルースウォーキングベースライン

新宿ウォーキングベース教室初の有料教材がリリースされました。
Fブルースのウォーキングベースラインについて、「note」というアプリで販売してます。
価格は¥280とお求めやすくしました
ワンランク上のベースライン作成用としてお役立て頂ければ幸いです。

→詳しくはこちら

 

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!
べーす

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

XJAPANとLUNA SEA以外でめっさ芸術性が高かった90年代のV系バンドは?というディスカッションを仲間とし、

さんざん迷った挙げ句、「マリスとラピュータだべ!」と言いました。

ガクトがマリスだったことはもう今の世代にはわかんないんだよな〜笑

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

-ベースソロ, 理論関連, 音使いについて

Copyright© 超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.