ベースブログ定期更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんベースライン作成講座!

邦楽カバー 色彩のブルース

エゴラッピンEGO-WRAPPIN`色彩のブルース・コードとウォーキングベースライン

更新日:

スポンサーリンク

ウォーキングベースでカバー第二弾!

今回はエゴ・ラッピンの「色彩のブルース」をウォーキングベースでカバーしてみました。

本記事の内容

本記事は、これまで都内で500本以上のジャムセッションの伴奏を経験し(推定)都内で現役のジャズベース奏者、指導者として活動する星野徹が、

邦楽や好きな曲をカバーし、ベースラインを解説していく動画&記事です。

色彩のブルースのブルースのウォーキングベースラインを弾いてみた

弾いてみました。

※コード進行は原曲とかなり似ていますが、ベースラインは実際の楽曲で演奏されているものとは異なります。

原曲のコード進行の上で好き勝手に弾いているものです。ご了承ください。

譜面販売中です。クレジット決済可。
¥350でこちらからダウンロードできます。

https://note.mu/toru0113/n/n57778d45373b

 

ベースライン作成で意識したこと

基本は4分音符の4ビートに徹した動き。

ちょっとダークで、そして妖艶な雰囲気のある曲のイメージを壊さぬよう淡々と動きました。

ブルーノートを入れた動き

セクションA 7小節目。

F#m7に対し♭5のブルーノートの音を入れました。

ちょっと”濁らせた”感じがこの曲の雰囲気に合うと思ってこの音をチョイスしました。

3連ゴーストノートを入れた動き

サビの2小節前。

3連符の、1音目が実音、2音目と3音目がゴーストノートというアプローチは、スタンダードジャズでもよくやるワザです。

参考記事

3度入り(ルートからはじまらないアプローチ)

サビ10小節目。

ルート開始でなく、3度からアプローチしているベースラインです。

3度開始でも、その後の音にコードトーンを使うことで、コード感を損なわないように意識しました。

参考記事

スポンサーリンク

 

 

EGO-WRAPPIN`(エゴ・ラッピン)

EGO-WRAPPIN`(エゴ・ラッピン)は1996年に結成された、ヴォーカルとギターのユニットです。

ジャジーなナンバーも多く、軽快なベースの4ビート、ドラムのスウィング、セクシーなサックスの音色を楽しめます。

アルバム「色彩のブルース」は、日本語曲も多く、口ずさみ易い作品です。

著書もジャズをはじめるきっかけになった作品です。是非聴いてみてください^^

この記事が皆さんの練習やベースライン作成の参考になれば幸いです。

歌い手さんは、前回に引き続き森愛奈実さんです。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

 

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

-邦楽カバー, 色彩のブルース
-

Copyright© 超かんたんベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.