平行調とは?一覧表で「な~んだ!そういうことか!」


スポンサーリンク

平行調って何?という方に、わかりやすくまとめてみました。以下が平行調早見表です。

HE

太黒枠で囲われている、左右のコード同士が、平行調の関係です。詳しく説明します。

音で解説!平行調の仕組み

↑ドレミファソラシド です。Cの長調、Cメジャースケールといいます。

↑ラシドレミファソラ です。Aの単調 Aマイナースケールといいます。

 

↑シ♭ドレミ♭ファソラシ♭ です。B♭の長調、B♭メジャースケールといいます。

↑ソラシ♭ドレミ♭ファソ です。Gの単調、Gマイナースケールといいます。

HE

図の左の「メジャースケール」の音で使われている音を、そのまま短三度下から弾いた調が、平行調です。

短三度下

tansan1

Cメジャーだったら、スケールでいうと、ドレミファソラシド

C

Aマイナーだったら、スケールでいうと、ラシドレミファソラ

Am

C△7の場合、スケールで使われているドレミファソラシドを、そのまま4弦の5フレットから弾き始めて、「ラシドレミファソラ」と弾けば、「平行調」です。

使っている音は一緒です。

 

平行調の特徴(メジャースケールとマイナースケール)

レドシラ レドシラ レドシラ レドシラ

というメロディ弾いているだけの音源ですが、ベースラインをCメジャーとAマイナーに分けてみました。

長調と短調では印象がかわります。

 

・長調(Cメジャースケール)

・短調(Aマイナースケール)

これがメジャースケールは明るく、マイナースケールは暗く聴こえるという原理です。

世に出ている、数多くの楽曲に使われています。

 

平行調とウォーキングベース

「この曲は平行調だからこういうウォーキングベースにしてください」といったニュアンスで人に指示されることはありません。

また、「平行調っぽいベースラインをお願いします」とか、そういった会話もありません。むしろバンド内やセッションなどのコミュニケーションでは殆ど使われない言葉で、

譜面を見て曲を研究したり、作曲をするときに、平行調の原理を知っておくと、それら一連の作業をスムーズに行う事に役立ちます。

 

実際に平行調が使われている楽曲

かんたんなデモソングを作ってみました。コード進行だけですが。

スポンサーリンク

de

マイナーの暗い感じからはじまって、メジャーの明るい感じで終わっている、平行調の特性を利用したソングです。

ジャズ・スタンダードの

「Fly me to the moon」
「If I should lose you」
「You`d be so nice come home true」

などは、この原理で作曲されています。分析するとき、参考にされてみてください。

 

 べーす
sukaipu

■□■□■□震災の募金について■□■□■□

震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。

↓Tポイント募金

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

↓楽天クレジットカード募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日の町田into the blueのセッションは大盛況でした。

大御所のベーシストさんがお客様でいらして、めちゃくちゃ恐縮しながらいろいろお話聞かせて貰いました。

やっぱり、凄い人って音一発でわかる!

そんなことを久しぶりに感じました。

今日も練習がんばろ。

⇒筆者の演奏スケジュール・5月23日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。