ウッドベースはじめたての頃によくやってたクロマチックスケールの練習法(基礎練習)


スポンサーリンク

ウッドベースはじめたての頃に、よくやってたクロマチックスケールの練習法です。

ウッドベースのクロマチックスケール

4弦の開放、0、1、2、3フレット

3弦の開放、0、1、2、3フレット

2弦の開放、0、1、2、3フレット

1弦の開放、0、1、2、3フレット

と鳴らして行く練習です。

練習目的

・ウォーキングベースでよく使うベースの低音弦を、正確なピッチで鳴らすとともに、相対音感を鍛える事。

・ウッドベースの手の形にする事。

ウッドベースはチューニングこそエレキベースと一緒ですが、フレットの幅が広く、たとえば4弦の3フレットのGの音ひとつとっても、ウッドベースとは位置感覚がぜんぜん違います。

ピアノの音をガイドにしながら、「ここを鳴らしたら、この音が出るのか〜」って身体で覚えることも、目的です。

練習のやりかた

chromatic

4弦の開放、0、1、2、3フレット【E、F、F#(G♭)、G】

3弦の開放、0、1、2、3フレット 【A、A#(B♭)B、C】

2弦の開放、0、1、2、3フレット【D、D#(E♭)、E、F】

1弦の開放、0、1、2、3フレット【G、G#(A♭)、A、B♭】

を1音づつピチカート(指)で鳴らしていく。

これを3セット、上がっていって、降りてくるを繰り返す。(動画は1セットなので、これをあと2回)

1セット1分20秒くらいなので、3セットで4分くらいです。

あんまりやりすぎても集中力がきれます。集中してやることが大切なので、とりあえず3回を目安にしました。

運指

1フレットを1の指(人差し指)
2フレットを2の指(中指)
3フレットを4の指(小指)

で押さえる。

 

速さ

テンポ 50

60だと音符が短かすぎてピッチが合っているか判断しづらいし、

40だと遅すぎるので、50くらいがちょうどいいと思ってやってます。

音源

私はメトロノームと電子キーボードでiPhoneのボイスメモに録音したものを使いましたが、MP3で作りました。

PCで、以下の音源で右クリックすれば保存コマンドが出てきますので、MP3版をPCに保存できます。

よかったら、使ってください。

 
べーす
sukaipu

スポンサーリンク

■□■□■□震災の募金について■□■□■□

震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。

↓Tポイント募金

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

↓楽天クレジットカード募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

野球好きとして、既にイチロー選手のインタビューはもう20回くらい見ているんですが、

プロ野球選手になるって言って笑われた

アメリカで首位打者とるって言って笑われた

常に笑われて悔しい思いをしてきた歴史が僕の中にあるので

それをこれからもクリアしていきたい

ってコメント14;00あたりのを、何回もリピート再生しました。

凄い人ほど、言葉ってシンプル!

⇒筆者の演奏スケジュール・6月8日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。