ウォーキングベースとリズムの関連性について。どんなリズムが合う?or合わない?音源で検証します!


スポンサーリンク

ウォーキングベースとリズムの関連性は高いです。

ちょっと極端な例を挙げますが、ウォーキングベースに合うリズムと合わないリズムを検証します。

 

ウォーキングベースっぽいベースラインにとりあえず色々なドラムのリズムを乗せてみる

まず、以下のような音源を使い、そのままバックにドラムを流します。

・使用する音源(ベース音のみ)

・ジャズ

・シャッフルビート

・ラテン系

・16ビート

・ツーバス(へヴィ・メタル)

・パンク(私が8年やってたジャンル)

かっこいいかかっこよくないかは個人の判断ですあ、ジャズやシャッフルビートはしっくりくる感じがします。あとはそうでもないです。

 

ウォーキングベースが合わないリズムと合うリズム

maxresdefault

ウォーキングベースが合わないリズムと合うリズムは、単純に音量だと思っています。へヴィメタルのように、先程の音源のようにバスドラムが滝のようにバックで流れると、幾らウォーキングベースで頑張って運指をしても、ラインが際立たないのです。

ここで流したジャズ、シャッフル系のビートは、丁度よくウォーキングベースを際立たせられる、スネア、シンバル、バスドラムのコンビネーションが形成されているため、ベースラインが生きます。

 

 

8ビートとウォーキングベースの関連性

ドラマーの一番基礎的なプレイスタイルとして、8ビートがあります。8ビートはウォーキングベースに合うのでしょうか。

こんな感じになります。変では無いですが、ちょっとドラムの叩き方を変えてみます。
”ツツタツツツタツ”

”ツックタックツックタック”にしてみると

こんな感じになります。冒頭で紹介した、「シャッフル」のビートに似ています。

これをバンドの楽曲に応用しているロックバンドの楽曲です。

音楽用語で、”ツツタツツツタツ”を”ツックタックツックタック”にすることを、「8ビートからシャッフルに変える」といいます。また、”ハネるリズム”ともいいます。

8ビートは、シンプルさ、ダイレクトさ、ロックの詞や熱いギターソロを思いっきり伝えたいときなどに有効です。

対し、シャッフルは、陽気さ、ラテン的な感じ、アンリカンな感じや楽しい雰囲気を出したいときなどに有効です。パーティソングやクリスマスソングにはよく用いられています。

 

いろいろなシャッフルビートのベースパターンを弾いてみた

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。