ベースブログほぼ毎日更新中!元パンクロッカーで現在ジャズベーシストの著者が、ウォーキングベースライン・ジャズベースラインの作り方を伝授します!難しい理論も学歴も不要!

超かんたんウォーキングベース作成講座!

Fブルースのウォーキングベースライン(JAZZ)

Fのブルースのウォーキングベースラインを1音符づつ徹底分析!

更新日:

スポンサーリンク

以下、作成したFのブルースのウォーキングベースラインを1音符づつ分析してみました。

1音符1音符説明していてすごい長い記事になっているので、

ブックマークされるか、お時間ある際にじっくり読んでいただくことをおすすめします。

作成したFのブルースのウォーキングベースラインを1音符づつ分析してみました

ここで使われている音符全て説明しました。

※この動画のいいねが150個、25000再生になりました(2018年12月現在)ありがとうございます!

解説していきます。

 

  はじめの4小節

1小節目

1音目 F(F7のコードに対してのルート音)
2音目 A(F7のコードに対しての3度)
3音目 C(F7のコードに対しての5度)
4音目 B 3音目Cと、次のコードの最初の音、B♭に対しての経過音

経過音はコードのスケール外の音であるケースも多いですが、スムーズに音と音を繋ぐ為に使います。

経過音について詳しく説明しています。

2小節目

1音目 B♭(B♭7のコードに対してのルート音)
2音目 D(B♭7のコードに対しての3度)
3音目 E♭(B♭7のコードに対しての4度)
4音目 E 3音目E♭と、次のコードの最初の音、Fに対しての経過音

経過音の原理は、1小節目の最後に使った経過音の原理と一緒です。

3小節目

1音目 F(F7のコードに対してのルート音)
2音目 E♭(F7のコードに対しての短7度)
3音目 D(F7のコードに対しての6度)
4音目 C (F7のコードに対しての5度)

 

4小節目

1音目 B♭(F7のコードに対しての4度)
2音目 A(F7のコードに対しての3度)
3音目 G(F7のコードに対しての2度)
4音目 A (F7のコードに対しての3度)

4小節目もFのコードですが、3小節目と4小節目をFのコードひとまとめと考え、小説のアタマをルート音にしません。

同じコードが2小節続く時のベースラインの作り方は迷われる方が多いので、解説ページつくりました。宜しければ参考にされてみてください。

5~8小節目

5小節目

1音目 B♭(B♭7のコードに対してのルート音)
2音目 B♭(B♭7のコードに対してのルート音)
3音目 F(B♭7のコードに対しての5度)
4音目 B♭(B♭7のコードに対してのルート音)

6小節目

※B○7は、Bディミニッシュセブンスと読みます。

1音目 B(B○7のコードに対してのルート音)
2音目 D(B○7のコードに対しての短3度)
3音目 E♭(B○7のコードに対しての長3度)
4音目 E 3音目E♭と、次のコードの最初の音、Fに対しての経過音

2音目で長三度のDの音を使っています。通常のディミニッシュスケールでは含まれない音なのですが、

6小節目2音目のDの音から7小節目の1音目Fの音まで全て半音進行で繋ぐことで、

スムーズな流れを意識しました。

半音進行アプローチについてまとめました。

 

7小節目

1音目 F(F7のコードに対してのルート音)
2音目 E♭(F7のコードに対しての短7度)
3音目 D(F7のコードに対しての6度)
4音目 C (F7のコードに対しての5度)

3小節目と同じです。

スポンサーリンク

8小節目

1音目 A(Am7のコードに対してのルート音)
2音目 C(Am7のコードに対しての短3度)
3音目 D(D7のコードに対してのルート音)
4音目 F#(D7のコードに対しての3度)

小節にコードが2つあるときは、4分音符を2つづつ分け、それぞれのアタマにルートをもってきました。

同じ小節にコードが2つある時のベースラインの組み立て方にも迷われる方が多いので、解説ページ作ってみました。

9~12小節目

9小節目

1音目 G(Gm7のコードに対してのルート音)
2音目 A(Gm7のコードに対しての2度)
3音目 B♭(Gm7のコードに対しての短三度)
4音目 B 3音目B♭と、次のコードの最初の音、Cに対しての経過音

ここでの経過音の使い方は、冒頭の1小節目から2小節目へ移るベースラインの時に使われた経過音の使い方と一緒です。

 

10小節目

1音目 C(C7のコードに対してのルート音)
2音目 D(C7のコードに対しての2度)
3音目 E♭(C7のコードに対しての短三度)
4音目 E (C7のコードに対しての短三度)

C7というメジャー系のコードですが、6小節目から7小節目へベースラインが移動した時と同じ原理で

10小節目2音目Dから11小節目1音目まで半音進行で繋ぐことでスムーズなラインを作る

というイメージで、ベースラインを作りました。

 

11小節目

1音目 F(F7のコードに対してのルート音)
2音目 F(F7のコードに対してのルート音)
3音目 E♭(F7のコードに対しての短7度)
4音目 C (F7のコードに対しての5度)

※すみません、動画のタブが間違っちゃってます。動画では11小節目の4音目のタブ、3弦開放になってますが、3弦3フレットです。失礼しました。

12小節目

1音目 G(Gm7のコードに対してのルート音)
2音目 D(Gm7のコードに対しての5度)
3音目 C(C7のコードに対してのルート音)
4音目 E♭(C7のコードに対しての短三度)

4音目、C7というメジャー系のコードの時にマイナー3度のE♭の音を用いているので、なんで?って疑問を持たれることもありますがブルースでは”ブルージイ”な響きが意識され、マイナー・コードでなくても短三度の音が用いられることがあります。

詳しくは以下の記事で説明しています。

以上、動画で使われている全音符解説でした。

練習にお役立て頂ければ幸いです^^

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

電子書籍にて好評発売中です!

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!
べーす

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

ツイッターはこちら

1日、3-5回のペースで、ベースに関するツイート。たまにVOICYのシェア。

フォローはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

-Fブルースのウォーキングベースライン(JAZZ)

Copyright© 超かんたんウォーキングベース作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.